【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「當銘直美」のプロフィールから個人情報まで

 

氏名(カタカナ) 當銘直美(トメ ナオミ)
ニックネーム とめちゃん
生年月日 1996年6月19日
出身地 静岡県
ホームバンク 豊橋競輪場
血液型 B型
身長 157.0㎝
体重 62.6㎏
太もも 61.0㎝
モットー 努力は裏切らない
好きな食べ物 味噌カツ
嫌いな食べ物
好きな男性のタイプ
師匠 新田康仁(ニッタ ヤスヒロ)
練習仲間 新田康仁内山雅貴

ちょうど今伸びてきている旬のガールズ選手だ!

【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「當銘直美」のデビューレース&初勝利レース

1,當銘直美のデビューレース

2018年7月11日防府競輪F2日本写真判定杯7Rガールズ予選1で同期の渡口まりあとデビューした。

打鐘前に當銘直美はペースを上げ先行体制にはいる。しかし渡口まりあ、内村舞織に引っ張られてしまったのか、抜かれまいもがいた。
スタミナを消耗してしまったのか、他の選手たちに後方からあっさり捲られていく。

対抗できる脚がなく結果は6着と何もできずのデビュー戦となってしまった。

勝負に出たのは良かったが、変に他選手に引っ張られた感があるな!

2,當銘直美の初勝利レース

2018年9月29日取手競輪F2東京スポーツ杯最終日5Rで初勝利をしている。3連対率は27.7と悪くはない数値だった。当日は雨の中のレースだった。

ガールズケイリン一期生の大ベテラン関口美穂渡辺ゆかり山口奈津子などが出場していた。
前日の結果は7着フィニッシュと不甲斐ないレースをしてしまっただけに気合い十分でレースに挑んだはずだ。

渡口まりあが飛び出し先行態勢に入り日野友葵が追走するが後方はついていかず車間が空いていく。
しかし渡口まりあの脚が足りず第4コーナーで混戦になった。直線はほぼ並走状態だったが、當銘直美は外側から差し込んで、見事1着をもぎ取った

デビューから少し期間が空いてしまったが念願の初勝利となった。

雨の中の混戦をうまく差し込んで勝てたな!

「當銘直美」選手のデビュー前の話

【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「當銘直美」の競輪学校時代から幼少期まで、プライベートも含めたマル秘エピソード

1,「當銘直美」の競輪学校時代のマル秘エピソード

着外回数が45回で学校順位が14位と課題が多く残る卒業となった當銘直美だが、学業優秀賞は受賞している。

学校競技場以外に伊豆ベロドロームでも走ったことがあるようで、カントの違いや1周250mと環境の違いに戸惑ったようだ。
だが、「いい経験になった」とプラスの経験となったようだ。

文武両道が出来ていた選手。余談だが妹の當銘沙恵美も現在競輪学校に通っている。姉妹揃って注目していきたい。

特出して何かができるってタイプの選手じゃないから、これからの成長が気になるところ!

2,「當銘直美」の幼少期の可愛い話

テレビで伊豆のベロドロームの特集を見て、ガールズケイリンを知った。
それがキッカケで中学3年生に自転車を始め、高校は自転車部のある高校を探して入学したそうだ。

そのまま自転車競技をしているうちにこのまま将来の職業にしたいと思い豊橋競輪のT-GUPに申し込み選手になることを決意した。
ガールズサマーキャンプにも何度か参加こともある。

自転車競技の全国大会で何度か入賞を果たすなど実はポテンシャルはある。競輪界を引っ張ってきたベテラン新田康仁から競輪の魅力を教えてもらっていたようだ。

師匠はS級選手だから育成にも期待がかかるな!

3,「當銘直美」のプライベートを赤裸々告白

愛称は「トメ」とちょっと昭和チック。競輪場で「トメー!」と呼びかけの声がたまに聞こえたりもする。

休みの日でもロードバイクを乗るなど常に競輪だけを考えている選手だ。心底競輪が大好きなのだろう。

出身は静岡だが、登録府県は現在愛知県になっているためか味噌カツが好物。矢場町に好きな味噌カツ店があるそうだ。

3年以内の優勝を目標にしていたが19年に見事初優勝を飾ったぞ!これからの成長が楽しみだ!
おすすめの記事