【ガールズケイリン】11/18 小倉競輪 ガールズグランプリトライアルB 予想と振り返り

小倉競輪場でG1朝日新聞社杯競輪祭が開催中。

初日から3日目まではガールズグランプリトライアルが開催されている。
AグループとBグループに分けて競走は実施されて、各グループで優勝した選手がガールズグランプリに出場することが出来る大会。

男子と女子ともにグランプリ出場選手がこの大会で決まる。

ガールズケイリンの大一番の大会だ!

小倉競輪 11/18 9R[ガールズグランプリトライアルB]の出走メンバーとメガネの見解

10月18日小倉競輪 ガールズグランプリトライアル11R 出走表
小倉競輪11R[ガールズ予選B]の出走メンバーは尾方真生久米詩奥井迪石井貴子奈良岡彩子尾崎睦荒牧聖未

実力的には石井貴子と尾崎睦の争いになるだろう。

先行するのは尾崎睦だが、石井貴子は上手い立ち回りでチャンスを伺うのが予想出来るレース展開だ。

フレッシュクイーンを制した久米詩も注意したい、最近は積極的に差すように動いているので先行争いで共倒れなんて展開があれば久米詩のチャンスになるので、穴党好きにはたまらないだろう。

尾方真生の実力派言わずもがな、だけど大舞台のレースは初なので、どう立ち回るのか?
先行策を取るなら尾崎睦との争いになるだろう。

奈良岡彩子はマーク屋なので石井貴子や尾崎睦を目標について離れずにいれば確定版入り出来るかもしれない。

奥井迪や荒牧聖未も地味ではあるがトップ選手なだけあって警戒したいところだが、
奥井迪は捲り。で先行選手が多いので、なおさら久米詩にチャンスが。

荒牧聖未は自在なので無理して捲らず、マークからの差しを狙うだろう。

先行選手が多いだけに予想は難しいな!

気になるガールズグランプリトライアルBの結果!

10月18日小倉競輪 ガールズグランプリトライアル11R レース結果

尾方真生が一気に先行策で逃げ切りを目指し、そこを目標に荒牧聖未が追走。

バックストレッチを抜けたあたりで、石井貴子が踏み上げて捲りを決めに行くが、先に動いたのは久米詩。

尾崎睦は内に潜り込んで、石井貴子と並走。先に捲りに出た久米詩が、尾方真生を捲って1着を決めた。

1着久米詩、2着石井貴子、3着荒牧聖未となった。

配当は275倍となった。

フレッシュクイーンと同じ感じで久米詩が捲り切ったな!

久米詩の勝利者インタビュー

ガールズグランプリトライアル11R_勝利した久米詩

初手の位置は中団でしたが、前に石井貴子さんがいたので、石井貴子さんより前にいないとと思って仕掛けた。

小倉は初めてなんですけど、走りやすいし、体の状態も良い。

フレッシュクイーンで優勝して、繰り上がりで出ることができて、今日の1着はチャンスを生かせました。自信になりましたね

かなり調子が良いな!優勝もあり得るんじゃないだろうか?

小倉競輪 11/18 9R[ガールズグランプリトライアルB]の出走メンバーとメガネの見解

10月18日小倉競輪 ガールズグランプリトライアル12R 出走表
小倉競輪12R[ガールズ予選A]の出走メンバーは坂口楓華加瀬加奈子當銘直美黒河内由実柳原真緒小林莉子児玉碧衣

やはり児玉碧衣一強だろう。

2着争いは坂口楓華や柳原真緒が濃厚か?
どちらも捲りがすさまじい。

坂口楓華はその中でもマークに切り替えたりと、対応力も高い。

小林莉子も初期から走っているだけに、侮れない。
レースの対応力に関しては小林莉子に分がありそうだ。

加瀬加奈子のオーラは凄い。若手が台頭している中で、去年出産から復帰し11月には優勝しているから驚きだ。
今年も20位内に入り込んでいるのが凄すぎる。
昔は徹底先行でレースを魅せていたが、最近は差しも決めるようになって、まだまだ戦えているのがわかる。

黒河内由実はマーク巧者で目標選手にしっかりついて離れずで勝ち上がっている。
逃げ・捲りといった自力型ではないが、児玉碧衣にしっかりついて行く展開があれば入着できるのではないだろうか?

児玉碧衣が1着は揺るがないだろう!

気になるガールズグランプリトライアルBの結果!

10月18日小倉競輪 ガールズグランプリトライアル12R レース結果

まず、柳原真緒が一気に捲り上げる。

そこを目標に小林莉子が飛びつきに行くも、加瀬加奈子に取られてしまう。

児玉碧衣は後ろから捲り上げていき、坂口楓華が追走。

バックを踏んだのは児玉碧衣。

柳原真緒と加瀬加奈子が最終直線でのもがき合いになったが、柳原真緒がなんとか3着に入る形となった。

1着児玉碧衣、2着坂口楓華、3着柳原真緒となった。

配当は7.9倍となった。

外に膨れたが、児玉碧衣からしたら特に問題なくそのまま捲っていったな!

児玉碧衣の勝利者インタビュー

ガールズグランプリトライアル12R_勝利した児玉碧衣

本当はカマしたかった。1周モガくつもりでいたんですけど。

自分のタイミングよりもワンテンポくらい早く柳原真緒さんが行った。それに黒河内由実さんも離れる気配がなかったので、一瞬様子を見た。

そのあと併走になったんでキツかった。最終2コーナー過ぎくらいから踏み直した感じで、一番前まで出られたのは良かった。

後ろが坂口楓華ちゃんだったんで、ゴール勝負になるだろうと思ってたら、思ったより坂口楓華ちゃんの前輪は見えなかった。

自分はすごく軽くて回転が追いついてない感じだった。あんまりスピードに乗ってなかったのか、逆に調子がいいからそう感じるのか、どうなんですかね

坂口楓華も差せる気配無かったし、思って入り上に調子が良いんじゃないかな?
おすすめの記事