久留米競輪6/14 国際自転車トラック競技支援競輪 前日予想と結果

青森競輪場国際自転車トラック競技支援競輪が開催されている。

14日が最終日だ。

事前に優勝戦の見解を紹介しようと思う。

最終日の注目は優勝戦だ!

久留米競輪 6/9 11R[優勝戦]の出走メンバーとメガネの見解

青森競輪 6/14 国際自転車トラック競技支援競輪 11R優勝戦出走表

青森競輪11R[優勝戦]の出走メンバーは渡邊晴智朝倉佳弘長島大介蒔田英彦山下渡伊早坂駿一鈴木庸之隅田洋介山賀雅仁

渡邉晴智は山賀雅仁と初日特選レースでラインを組んだが、優勝戦には蒔田英彦を加えた3車ラインで走るようだ。

長島大介と隅田洋介の巻頭ラインは、二人とも逃げ選手で今回は長島大介が前受するようだ。長島大介が走る事が出来れば隅田洋介に大いにチャンスがあるな。

大穴で伊早坂駿一はアリだな。今回の大会ではかなり優秀で初日3着、2日目3日目1着で決勝に上がっているし、番手の山下渡は1班2班を行ったり来たりしていてそこまで目立った選手ではないし、ラインの力不足は感じるところがある。

実力拮抗している選手たちのレースだし中々予想が難しい。その中でも長島大介は一枚上手かな?と思う。

ベテランコンビの渡邊晴智と山賀雅仁も注意だな!

気になる優勝戦の結果!

青森競輪 6/14 国際自転車トラック競技支援競輪 11R優勝戦結果

初手から伊早坂駿一が仕掛け全体もつられてスピード上がっている状態だった。

蒔田英彦が捲りに上がるが早々に諦め、鈴木庸之が捲って先頭に躍り出る。その中、伊早坂駿一は脚が持たず脱落する。

長島大介は大外から捲りにかかるが捲り切れず、番手の隅田洋介が長島大介と鈴木庸之を捲って1着を取った。

1着隅田洋介、2着鈴木庸之、3着長島大介となった。

配当は257.8倍となった。

いやー鈴木庸之が2着は読んでなかった!
長島大介と隅田洋介の裏表の無難に考えていた…

優勝した隅田洋介のインタビュー

国際自転車トラック競技支援競輪 決勝0614_優勝したの隅田洋介

長島大介が行けるかなって思ってました。そうすれば差してワンツーですからね。

でも、止まってしまったんで最後は踏ませてもらいました。ここ最近は点数がほしくて、上手く走っているだけですね。

G3の決勝はもちろん、F1も準決勝4着が最高で、S級で決勝に乗ったのも今回が初めてなんです。

長島大介の前でも良かったけど、迷惑をかけちゃうと思って後ろを回りました。

今回は本当に恵まれました。持ってますね

長島大介と隅田洋介のワンツー濃厚かと思ったけどなー!
なんにしてもG3初制覇はおめでたい!

準優勝した鈴木庸之のインタビュー

『(伊早坂駿一が)ジャンであんなにフカすと思わなくて普通に前に離れた。

先に切って伊早坂駿一がきて、ホームでは一杯だった。(位置を取った後は)まくりにスイッチか、止めて出るかで、(蒔田英彦を)止めたら止まったので。

(最後は)フラフラでしたね。練習が足りなかった。『競輪』はできたし、いつも通りの動きができた。運が良くてじゃなくて、脚が戻って連にからめています』

まさか鈴木庸之が絡んでくるとは思ってなかった!
おすすめの記事