富山競輪7/30 瑞峰立山賞争奪戦 前日予想と結果

富山競輪場瑞峰立山賞争奪戦が開催される。

富山競輪の開設記念レース。
この大会の注目選手は↓にまとめているから是非見て行ってくれ!

初日特選レースは特別レースだから初日特選レースだけ俺が予想するので見て行ってくれ!

富山競輪 7/30 9R[初日特選]の出走メンバーとメガネの見解

7/30 富山競輪9Rの出走表

富山競輪9R[初日特選レース]の出走メンバーは村上博幸浅井康太金子貴志松岡健介南修二吉田敏洋稲垣裕之

S級S班は村上博幸のみだが、今年の成績を見るに軸選手にしていいかかなり怪しい。

勿論年齢的な部分もあるだろうが、かなり低迷している。

調子悪くなければ1着に見据えてもいいだろうが…

むしろ今頑張ってS班復帰を目指す浅井康太を軸のほうが無難かもしれない。

それでももし村上博幸が1着になろうものなら高額配当になるだろう。

浅井康太が軸で対抗は吉田敏洋の無難な予想が当たりそうだな!

気になる初日特選レースの結果!

7/30 富山競輪9Rのレース結果

誘導員が切れて、前に出たのは浅井康太のラインだったが打鍾に合わせて前に出たのは松岡健介のラインで浅井康太は後方だった。

松岡健介が逃げ切りを図り番手の南修二が車間を空けつつ、捲り上がる浅井康太をけん制した。

浅井康太は捲り切れず、粘ろうとしたが番手の吉田敏洋が中に突っ込み、浅井康太は外に捲り不発で失速。

後方でばらけたラインから吉田敏洋のマーク位置を取った村上博幸は最終直線で吉田敏洋を差しに行くも距離足らず2着となった。

浅井康太捲り切れなかったか…明日は大丈夫か?

吉田敏洋の勝利者インタビュー

瑞峰立山賞争奪戦 初日特選0730_勝利した吉田敏洋

『浅井康太は結果的に5番手になって、無理やり打鐘の4コーナーから仕掛けてくれたんですけどね。

やっぱり9車立ての5番手とは違いますね。浅井だけじゃなくて、周りの流れも違った。

南修二が番手まくり気味に持って行った時に、バック線で浅井康太の内に差してしまった。

ちょっとそこが浅井との呼吸が何となく合わなかったですね』

やはり9車から7車の変更はリズムを崩すのか…
おすすめの記事