2020年 静岡競輪第74回日本選手権競輪(G1)の特徴

・レース名:G1日本選手権競輪
・開催場:静岡競輪場
・開催期間:2020年 5月6日(木)~5月10日(日)
・優勝賞金:6600万円

2020年は静岡競輪にて開催されるG1レースの一つだ。

2019年の開催では30万もの高額配当が出たぞ!

日本選手権競輪の競輪予想は難易度が高い!

それは6つあるG1レースで一番最初に開催され、競輪選手にとっては一番最初の稼ぎどころでもあり、選手の同行やモチベーションと様々な要素が渦巻く一大大会だからだ。

新型コロナウイルスの影響で4月27日に開催中止の発表があり、競輪史上6回目のG1開催中止となってしまった。

G1レースは荒れやすい!軸の選手を選ぶのだって大変だが当てればかなり旨みのある配当を手にすることが出来るぞ!

静岡競輪 日本選手権競輪(G1)の昨年の傾向

昨年の平成に初日を行い、令和に代わり最終日を迎えた日本選手権競輪

記念すべき大会になること間違いなしと思われていた。その立役者となったのは脇本雄太以外にいるだろうか。
39回大会に滝澤正光が達成した完全優勝以来となる完全優勝を脇本雄太は遂げた。

他の大会とは違い、6日間の過密日程ながらその偉業を達成したことは伝説として語り継がれる。

全てのレースでの脇本雄太に神がかったスピードによる捲りには度肝を抜かれた。

特に決勝レースが1番印象に残る。3連単オッズも200倍以上の荒れたレースになった。それは脇本雄太を除く2着清水裕友菅田壱道の健闘によって用いられた結果だろう。

もちろん今年も期待するのは脇本雄太の2年連続完全優勝。年末のKEIRINグランプリが終わってから脇本雄太は海外での生活が多く、今大会が2020年初出走となる。

どのような結果を迎えるのか楽しみだ。

ナショナルチーム戻りの脇本雄太にまた期待がかかるな!

◆静岡競輪(G1)日本選手権競輪で活躍する選手

G1ということでS級S班が集結する。

佐藤慎太郎新田祐大平原康多脇本雄太村上博幸松浦悠士清水裕友中川誠一郎

郡司浩平は1月の立川G3鳳凰賞典レースにて押上げ失格による斡旋停止で出場できなくなった。

新田祐大と脇本雄太はナショナルチームから戻って今回出場する。
世界クラスで走る実力は今回もどこまで行けるか注目ポイントになるだろうな。

S級1班からは

北日本は新山響平藤根俊貴齋藤登志信菅田壱道山崎芳仁

関東からは小松崎大地武田豊樹神山拓弥長島大介木暮安由宿口陽一朝倉佳弘諸橋愛

南関東は中村浩士和田健太郎根田空史松阪洋平和田真久留岡村潤渡邊雄太

中部からは笠松信之浅井康太伊藤裕貴

近畿からは渡邊十夢三谷竜生稲毛健太石塚輪太郎南潤神田紘輔古性優作

中国四国は岩津裕介取鳥雄吾宮本隼輔阿竹智史小川真太郎太田竜馬山中貴雄渡部哲男佐々木豪

九州の選手は北津留翼荒井崇博山田英明山崎賢人松川高大

と記念競輪や他グレードレースにて優勝したり決勝に進める実視力者が揃っている。

どの選手もラインや連携次第では優勝を取れる可能性は秘めているのがG1レースの醍醐味だ。

松井宏佑深谷知広はナショナルチームから今回出場する。
やはり荒れるレースには彼らが絡むことは間違いないだろう。

やはりG1は出場選手が豪華だ!

日本選手権競輪のイチオシ選手

◆静岡競輪(G1)日本選手権競輪の注目選手

2020年 静岡競輪第74回日本選手権競輪(G1)の本命の注目選手「平原康多」

平原康多(37歳)S級S班

昨年のKEIRINグランプリで3着と10度目のチャレンジも虚しく覇者に届かなかった平原康多

その鬱憤を晴らすかのように2020年に入ってから出場したグレードレース全て2着以内で絶好調を維持していた。
しかし福井G2ウィナーズカップの初日特選予選ではアクシデントに見舞われ途中欠場と残念な結果に終わってしまった。

読売新聞社杯全日本選抜競輪で2着に終わってしまったためまだKEIRINグランプリの出場権を手にしてないためまだまだ全力で全レースを勝ちに行くだろう。

復帰明けレースは好調かどうかチェックしたほうがいいな!
2020年 静岡競輪第74回日本選手権競輪(G1)の本命の注目選手「松浦悠士」

松浦悠士(29歳)S級S班

奈良G3春日賞争奪戦を負傷欠場したことからコンディション面が心配されていたが、松山G3金亀杯争覇戦では3位。福井G3ウィナーズカップでは得意の捲りから優勝をもぎ取り初のG2制覇を達成と、怪我の影響を感じさせないコンディションで臨めている。

負傷前のグレードレースでも必ず決勝に残っているので安定感は抜群だ。

KEIRINグランプリでは7着に終わってしまった松浦悠士はリベンジを望んでいるはず。
出場権を獲得するためにも今大会負けられないシーズンになるのは間違いなし。

G2優勝は見事だった!続いてG1優勝も出来たら感動ものだ!
2020年 静岡競輪第74回日本選手権競輪(G1)の本命の注目選手「清水裕友」

清水裕友(25歳)S級S班

読売新聞社杯全日本選抜競輪で得意のまくりから1着を取り初のG1制覇を遂げた清水裕友は、既にKEIRINグランプリ出場権を獲得しているため年末に向けての準備期間が1番長い選手だ。

いわき平G3いわき金杯争奪戦以外のグレードレースでは決勝に乗っているためこちらも安定感は抜群か。

まだ25歳という若さでまだまだ経験を重ねていけば成長が見込める。既に2020年は過去最高の出来と言っても過言ではないためその記録をどこまで伸ばすか注目せざるを得ないだろう。

調整や連携練習に回りそうだなー!ここで変に調子崩したくないだろうし

◆静岡競輪(G1)日本選手権競輪の地元注目選手

2020年 静岡競輪第74回日本選手権競輪(G1)の地元の注目選手「岡村潤」

岡村潤(38歳)S級1班

大宮G3東日本発祥倉茂記念杯の決勝では平原康多との差し切り合戦で惜しくも敗れ2位と優勝はできなかった。

だがまだまだ侮ることができないベテラン選手だ。

続く宇都宮F1でも逃げる染谷幸喜の番手から飛び出し見事優勝した。

好調時には番手から飛び出す得意の差しでレースを制すことができる力がある選手だ。

今回地元開催のG1ならばタイトルに向けて気合十分なはず。

地元開催は特別な思いがあるはずだからな!勝りに前に出るかもな!
2020年 静岡競輪第74回日本選手権競輪(G1)の地元の注目選手「渡邊雄太」

渡邉雄太(25歳)S級1班

2020年初めの小田原F1の決勝では松岡篤哉との先行勝負を競り勝ち見事逃げ切りの優勝を果たすなど幸先良いスタートを切れた渡邉雄太

続くグレードレースに弾みをつけて臨んだが、力及ばず。静岡G3たちあおい賞争奪戦で決勝に乗ることがやっとの結果だった。

西武園F1・松山F2・玉野F1と3場所続けて病気欠場をしているためコンディションの心配があったが、復帰戦の高知G3よさこい賞争奪戦では決勝に乗ったため問題ないだろう。

地元の若手として今シーズンは期待されること間違い無いだろう。

まだ若手で乱調か?とは言え力はある選手なんだよね!

◆静岡競輪(G1)日本選手権競輪の新人注目選手

2020年 静岡競輪第74回日本選手権競輪(G1)の新人の注目選手「宮本隼人」

宮本隼輔(25歳)S級1班

昨年からグレードレースでの活躍が目立つ期待の113期生筆頭候補。

ヤンググランプリ5着に沈んだが昨年からの飛躍を期待している。

デビューシーズンの防府F2では全て1着を獲る快挙はまだ2年前と記憶に新しい。

調子が良い時の先行力はトップ選手にも劣らないものを持っている。年齢的にはS班の清水裕友と同じ25歳のため意識はしていることだろう。

彼がS班の門を叩くこともそう遠くはないのかもしれない。そのためにもG1レースでの経験を活かしていきたい。

若手の中でも飛躍しているよな!

過去の優勝者と昨年優勝者のコメント

2015年/村上義弘
2016年/中川誠一郎
2017年/三谷竜生
2018年/三谷竜生
2019年/脇本雄太

◆昨年優勝、脇本雄太のコメント

『後ろ攻めよりも前受けか中団かって感じでした。

残り3周で車間を空けて(展開に応じて)仕掛けようかなって。自分のタイミングで仕掛けたし、外を回っても残り1周だったら踏み切れる自信がありました。

1着を取れて本当に良かったです。昨年は3着だったので、そのリベンジができて良かった。(ナショナルチームでの)練習の成果が競輪に繋がっています。

令和元年の格式高いダービーで優勝できて嬉しい。一戦一戦頑張って、競輪界を盛り上げていきたいです』

世界で戦う脇本雄太が勝つか競輪を走り続けている選手たちが阻止するのか注目だ!

静岡競輪場の情報

2020年 静岡競輪第74回日本選手権競輪(G1)のバンク特徴から攻略法まで徹底解析

1着決まり手 逃げ:24% まくり:38% 差し:38%
2着決まり手 逃げ:15% まくり:15% 差し:27% マーク:43%

比較的に逃げは弱いな!後方に位置どったほうが有利なバンクだ!

◆静岡競輪場の特徴

1周400m。

平均的なスペックのバンクだが、逃げが決まり辛くその分捲りやすい特徴。

先行したラインは捲りあがってくる対抗ラインをブロックできなければそのまま捲られ全滅する傾向もあり
レース序盤から先行逃げの態勢を取りたがらない。

「富士山を見るな」という競輪選手内の冗談があり、バンク内の4コーナー大外から富士山を見ることが出来、富士山を見れる状態は失速して大きく膨らんでいる状態にあり、「富士山を見る=負け」という意味がある。

霊峰富士は競輪選手にとって不吉な省庁になるのは面白いよな!
おすすめの記事