2020年 和歌山競輪第71回高松宮記念杯競輪(G1)の特徴

・レース名:和歌山競輪第71回G1高松宮記念杯競輪
・開催場:和歌山競輪場
・開催期間:2020年 6月18日(木)~6月21日(日)
・優勝賞金:2800万円

1950年から2010年まで大津びわこ競輪場で毎年開催されていたG1グレードレースだ。

2010年に大津びわこ競輪場が廃止になってから他の競輪場で持ち回りでの開催となった。

基本的には「宮杯」の略称でい呼ばれている。

5月から6月にかけてのスケジュール腕開催されているので梅雨の時期の競輪ということで「雨の宮杯」なんて呼ばれていたりもする。

高松宮杯競輪の競輪予想は実力拮抗で軸選手をしっかり見定めないと的中するのは厳しいぞ!

人気オッズとかは気にせずしっかりとレース展開を構築して投票することが大事だ!

高松宮杯記念競輪は東と西に選手を分けてレースを行うのも特徴だな!

ライン決着でもそれなりに配当が付くのもG1ならではだと言えるな!

和歌山競輪 高松宮記念杯競輪(G1)の昨年の傾向

大本命は前場所の日本選手権で完全優勝を果たし、連覇を狙う脇本雄太だった。

初日は直線で伸びず3着。2日目は捲り不発で8着にしずんだが、準決勝では強さをみせ1着と本来の強さを取り戻していたため決勝でも中心。

番手は何度も1着争いを演じている中川誠一郎を擁し準備は万端。

対抗はナショナルチーム新田祐大と青龍賞1着の渡邉一成の福島コンビ。そこにS班の清水裕友平原康多が絡んでいけるかと言ったところだった。

レースの初手は脇本雄太が後方から一気に清水裕友を叩き頭に出てレースを盛り上げる。

負けじと新田祐大が出るが番手の渡邉一成と離れてしまい単騎勝負に。それでも脇本雄太まで届いてしまうのはさすがだ。

このまま捲り切るかと思われたが合わせて番手から出てきたのは中川誠一郎。

そのまま中川誠一郎1着・新田祐大2着・3着は単騎で中川誠一郎の後ろについていた小原太樹という結果で大荒れのレースとなった。

初日の東日本選抜は落車でレースもファンも大荒れしていたしな!
今年も大荒れの決勝になるかもしれない!

◆和歌山競輪(G1)高松宮記念杯競輪で活躍する選手

G1ということで、S級S班は9名出場する。佐藤慎太郎新田祐大平原康多郡司浩平脇本雄太村上博幸松浦悠士清水裕友中川誠一郎

S級1班も錚々たる選手たちが出場する。

北日本の注目選手は、新山響平菅田壱道櫻井正孝小松崎大地山崎芳仁成田和也

関東の注目選手は武田豊樹芹澤辰弘吉澤純平吉田拓矢神山拓弥木暮安由武藤龍生鈴木竜士諸橋愛

南関東は、中村浩士和田健太郎根田空史松阪洋平小原太樹松谷秀幸和田真久留松井宏佑岡村潤渡邉雄太簗田一輝

中部選手は、吉田敏洋深谷知広浅井康太金子貴志柴崎淳

近畿の選手は、村上義弘三谷将太三谷竜生東口善朋稲毛健太神田紘輔古性優作松岡健介

中国の選手は、岩津裕介柏野智典宮本隼輔小倉竜二阿竹智史原田研太朗小川真太郎太田竜馬渡部哲男佐々木豪

九州の選手は、山田英明井上昌己松川高大中本匠栄

独断と偏見で注目選手(実績も含めて)記載したが、本当に凄い選手たちが出場する。

S級2班は、嵯峨昇喜郎高橋晋也黒沢征治森田優弥鈴木裕稲川翔三宅達也が出場する。

村上義弘と村上博幸の兄弟出走とかになるとさらに注目だ!

高松宮記念杯競輪のイチオシ選手

◆和歌山競輪(G3)中野カップレースの注目選手

2020年 和歌山競輪第71回高松宮記念杯競輪(G1)の本命の注目選手「松浦悠士」

松浦悠士(29歳)S級S班

松浦悠士は福井G2ウィナーズカップ・武雄G3大楠賞争奪戦と連勝中と絶好調。次に狙うのは、もちろんG1を制覇しKEIRINグランプリ出場権を獲得することだろう。

ウィナーズカップ決勝では打鐘前から頭を張り続けた清水裕友の番手から捲るラインでの勝負ができれば、武雄G3大楠勝争奪戦決勝のように単騎で上手くラインを切り替えながらの勝負もできるためどんなメンバーでも勝率が高いレースができている。

現在、優勝候補筆頭と言っても過言ではないため最注目な選手だ。車券を買う際には必ず視野に入れたい。

ここは忖度なしに思いっきり走るだろうな!
2020年 和歌山競輪第71回高松宮記念杯競輪(G1)の本命の注目選手「浅井康太」

浅井康太(35歳)S級1班

浅井康太は昨年の不調振りは今年爆発するための充電期間だったのだろう。

昨年は無冠に終わりS級1班に降格してしまったため競輪界の象徴は衰えを見せてしまっているのかとファンが心配をする声も多々あったが、そんな声は今年の活躍ぶりを見ればかき消されていることだろう。

松阪F1・高知G3よさこい賞争奪戦と連勝中でどちらも圧巻の捲りで優勝している。

この流れをキープしつつKEIRINグランプリ出場権を獲得するため今大会では優勝に向けて全力で挑むことは間違いない。

KEIRINグランプリでの活躍を観たい選手の1人だ!
2020年 和歌山競輪第71回高松宮記念杯競輪(G1)の本命の注目選手「佐々木豪」

佐々木豪(24歳)S級1班

佐々木豪は昨年からS級1班で戦っている若手は年々成長できているため、そろそろグレードレース初優勝が見たい。

卒業記念レース4位・2018年ヤンググランプリ3位とデビュー当時から期待されている若手の1人だ。

今年の成績は上出来で高松F1・松山G3ブロックセブン・玉野F1優勝をしているため、ますますグレードレースでの活躍を期待せざるを得ない。

しかしレースによってムラがある選手という印象もありカカリが悪い時は下位に沈む時もしばしば。安定した成績を残せるようにもしてほしい。

G1で豪の豪快なまくりがさく裂するのか注目だ!

◆和歌山競輪(G1)高松宮記念杯競輪の地元注目選手

2020年 和歌山競輪第71回高松宮記念杯競輪(G1)の地元の注目選手「東口善朋」

東口善朋(40歳)S級1班

東口善朋は10年以上S級1班で戦い続けているベテランは地元和歌山で初のG1制覇を成し遂げられるか。

高校から自転車競技を始めており、チームロードのインターハイに出場した経験もある。

18年に和歌山G3和歌山グランプリを1度だけ優勝したこともあり実力もある。相次ぐ中止でレースは久しくしていなかったが、名古屋F1・玉野G3瀬戸の王子杯争奪戦・佐世保F1・川崎F1と4場所連続で決勝に乗っていたため調子は悪くない。

先行タイプではないため目立った捲りなどはないが、番手で別線を上手く捌いて入着する姿はベテランならではの戦い方だ。

地元G1に出場する東口善朋が番手にいるラインは期待できる。

地元優勝もしているベテランだ!今回はホームG1だからかなり気合が入っているだろう!
2020年 和歌山競輪第71回高松宮記念杯競輪(G1)の地元の注目選手「稲毛健太」

稲毛健太(30歳)S級1班

国体と都道府県対抗の1kmT.Tで1位を取るなどアマチュア時代から結果を残していた。

プロになってからも2012年のヤンググランプリで2位や多くのグレードレースに出場してきた。しかし未だに優勝はなく今大会では初優勝を地元で狙っていきたい。

F1のレースでは安定して決勝に乗ることができており直近の小松島F1では前団を豪快に捲り優勝をしている。

次の目標はグレードレースで決勝に乗ることに違いはない。逃げでも捲りでも勝てているため戦術の幅広さを活かして食らいついてほしい。

G1出場回数は結構多いんだが、なかなか勝てずだな!かといって弱い選手ではないのは確かだ!

◆和歌山競輪(G1)高松宮記念杯競輪の新人注目選手

2020年 和歌山競輪第71回高松宮記念杯競輪(G1)の新人の注目選手「高橋晋也」
2019年5月にデビューしたが、特昇を重ねてデビュー年内の10月にはS級2班まで昇格してきた期待のルーキー高橋晋也

競輪学校時代はあまり目立った活躍はしていなかったが、デビュー年で7度優勝するなど見事な成長ぶり。その強さは異例で半年以内で決勝に乗らなかったのは直近の武雄G3大楠賞争奪戦のみ。

そんな高橋晋也を一躍有名にしたのは間違いなく福井G2ウィナーズカップだ。決勝では1度清水裕友に叩かれて後退するが、捲り返して1着の松浦悠士をあと少しまで追い詰めている。

カカリ良く飛び出せれば猛者揃いのG1でも活躍できる逸材だ。

S級ルーキーの中ではかなり期待できる選手だ!

過去の優勝者と昨年優勝者のコメント

2014年/稲川翔
2015年/武田豊樹
2016年/新田祐大
2017年/新田油台
2018年/三谷竜生
2019年/中川誠一郎

◆昨年優勝、中川誠一郎のコメント

『ワッキー(脇本雄太)のカカリが凄くて。最終バックで(小原太樹の後ろが)離れていたから、もうだれも来ないとおもっていたけど、新田祐大はさすがですね。

小原太樹君が後ろにいたけど、それよりも新田祐大に合わせて踏まないとないなって思って無理やり車を外に外しました。

今回は体力的にも技術的にも、精神的にも調整が巧く行きましたね。

準決、決勝ってピークを持ってこれるように。(G1の決勝で)初めて他力で勝てた(笑)でも20年間は自力で頑張ってきたし、これくらい恵まれても罰は当たらないですよね』

新田祐大のまくりは凄すぎたな!
一瞬でも気抜いたら喰われてただろうな!

和歌山競輪場の情報

2020年 和歌山競輪第71回高松宮記念杯競輪(G1)のバンク特徴から攻略法まで徹底解析

1着決まり手 逃げ:23% まくり:31% 差し:46%
2着決まり手 逃げ:18% まくり:16% 差し:28% マーク:38%

逃げも通用するが差しがに軍配が上がるな!
2着の決まり手はマークが低いから混戦にもなりやすいってことか!

◆和歌山競輪場の特徴

1周400m。1999年のバンク改修工事で曲線が変わった。

クセがなくなり走りやすいバンクとなった。直線は比較的に長いので、どの脚質の選手でも勝負することはできる。

とはいえ、逃げ選手よりも追い込み選手のほうが若干有利。

逃げ選手も走れるとは言え逃げ切るのはなかなか難しい。

今回初のG1開催だから過去の疾走情報とかはあまり関係ないかもしれないな!
おすすめの記事