【競輪F2予想】5/30豊橋「全プロ記念競輪」初日の勝利選手は…?

豊橋競輪で全プロ記念競輪が開催される

このレースはF2レースなのだが、前身がKEIRINグランプリの代替えレースだったり、寛仁親王牌の前身でもあって由緒あるレースとなっている。

注目どころのレースを俺と一緒に見てみよう!

豊橋競輪 5/30 10Rの出走メンバーとオヤジの見解

豊橋競輪10Rの出走メンバーは村上博幸平原康多原田研太朗井上昌己三谷竜生河端朋之吉田拓矢菅田壱道山田秀明

落車による怪我明けの平原康多に期待。

若手の吉田拓矢が援護役に徹して平原康多の勝利は固いと予想。

S班の村上博幸はここ最近活躍できていないのでどうにか勝ち上がってきそうな予感はある。

何かとお騒がせした三谷竜生は村上博幸とラインを組むので元S班と現S班のラインで番狂わせが起きるのかそこも注目どころだと思う。

個人的に平原康多には勝って欲しいな!

豊橋競輪 5/30 10Rのレース結果

吉田拓矢平原康多を連れ前に出るが単騎の河端朋之に越されてしまう。だが平原康多はすかさず吉田拓矢から河端朋之に切り替え追走。

その平原康多の後方に位置どった菅田壱道が最終直線で平原康多を差して1着を取った。

差された平原康多は2着になり、中団から抜け出した村上博幸が3着となった。

菅田壱道が1着を取ったことで配当は160倍の万車券になった。

平原康多はレース後インタビューで「吉田拓矢のお陰で恵まれた展開」とコメントしていたそうだ。

菅田壱道がこのレースの伏兵だったか!

豊橋競輪 5/30 12R出走メンバーとオヤジの見解

出走メンバーは、佐藤慎太郎浅井康太木暮安由渡邊雄太清水裕友柴崎淳新山響平渡部哲男和田健太郎

このレースで注目されるのは清水裕友かな?

1月の立川記念G3の鳳凰賞典レースで優勝を飾って、2月のG1読売新聞社杯を優勝しているのは期待値が高いと言える。

だがそれ以降は決勝止まり、新型コロナのせいで開催中止になっているのもあって、今の調子が好調かは正直掴めない。
だが、読売新聞社杯は豊橋競輪で開催されてそこで優勝しているので、同じバンクであれば勝ち上がれる可能性は高く見積もれるな。

浅井康太も侮れないな。すでに今年のG3を3度優勝しているのは好調の現れかもしれない。直前の宇都宮記念競輪G3ワンダーランドカップを優勝しているところもミソだろう。
今年は好調なだけに全プロ記念でも安定の走りをしてくれるに違いない!

軸は浅井康太と清水裕友の二人で考えれば何とかなるだろう!

豊橋競輪 5/30 12Rのレース結果

レースは清水裕友の圧倒的捲りでレース決着した。

番手の渡部哲男は清水裕友と千切れてしまいラインは混戦。

先行した柴崎淳を差し切って浅井康太が2着に勝ち上がった。

S班の佐藤慎太郎は混戦の中ラインを新山響平から木暮安由に切り替えるも後方から迫った和田健太郎と競り合いで減速し6着になった。

単騎の木暮安由が3着入りしたことで、配当は60倍に上がる結果だった。

清水裕友が1着で浅井康太が2着で、流しで投票すれば当たっていたな!
渡部哲男が千切れるとは思わなかったな!

豊橋競輪 全プロ記念競輪の総評

注目の2レースはそこまで配当は上がっていなかったが、
他のレースでは万車券続出と思っていたより荒れた結果になった。

セオリー通りにいかないのがまさにグレードレース級の全プロ記念競輪といったところか。

おすすめの記事