2020年 松戸競輪 燦燦ダイヤモンドカップ(G3)の情報が丸分かり

・レース名:松戸競輪場開設70周年記念G3燦燦ダイヤモンドカップ
・開催場:松戸競輪場
・開催期間:2020年 8月22日(土)~8月25日(火)
・優勝賞金:317万円

燦燦ダイヤモンドカップは松戸競輪の開設記念レースだ。

F1・F2の一般レースは7車立てのままなので、グレードレースで9車のバチバチなレースを見ることが出来る。

松戸競輪は333バンクで競輪予想は荒れるか固いか顕著な競輪場だ。

的中予想をしたいなら選手がどのポジションを取るかを特に考える必要があるぞ!

19年は滝澤正光杯が燦燦ダイヤモンドカップの代わりに開催されているぞ!

松戸競輪場 燦燦ダイヤモンドカップ(G3)の前回大会の傾向

村田雅一以外は初日苦戦メンバー。妥当なメンバーが上がってきた印象を受ける。

S班の武田豊樹が準決勝で落車をしてしまい、上がってこなかったことはファンも驚きだった。

1番ノリに乗っているのは中川誠一郎だ。準決勝で半周近く一人旅を演じたことは好調を認めざるを得ない活躍。

吉田拓矢も好調では負けじと2日目・準決勝と逃げ切り1着になっているため、決勝逃げ切りを仕掛けてくるはず。

レースは残り2周で吉田拓矢が頭めがけて縦に踏んでいく。そのまま他選手の追撃を振り切り続けるが、残り半周で中川誠一郎が好調さを見せつける捲りっぷり。

他選手を圧倒して堂々の1着。2着は吉田拓矢の番手にいた中村浩士。3着は青板をスルスルと抜けてきた村田雅一。

最終直線に差し掛かった中川誠一郎のスピードは見事だったな!

◆松戸競輪場(G3)燦燦ダイヤモンドカップで活躍する選手

S級S班の選手は、平原康多村上博幸清水裕友。の3名が出場する。

北日本のS級1班は、新山響平内藤信彦山崎芳仁

関東からは、木暮安由朝倉佳弘

南関東は、山賀雅仁和田健太郎鈴木裕岩本俊介萩原孝之

中部の選手は、山内卓也深谷知広

中国地区からは、桑原大志

近畿地区からは、山田久徳

中国地区の選手は、松本貴治

九州の選手は、加倉正義小川勇介井上昌己

S級2班の選手も多く出場する。

注目のS級2班選手は、鹿内翔庄子信弘伊早坂駿一朝倉智仁坂井洋笠松将太飯田辰哉染谷幸喜

平原康多と清水裕友の勝負になるのかな?

燦燦ダイヤモンドカップ競輪のイチオシ選手

◆松戸競輪場(G3)燦燦ダイヤモンドカップ競輪の注目選手

2020年 松戸競輪開設70周年記念燦燦ダイヤモンドカップ(G3)の本命の注目選手「清水裕友」

清水裕友(25歳)S級S班

清水裕友はサマーナイトフェスティバルを見事優勝を果たしているため今レースでも期待できるが、オールスター競輪では松浦悠士とのゴールデンペアで脇本雄太に敗れたうえに、二日目のレースでも捲り不発で絶不調に、腰痛で途中欠場とされているが、メンタル的なダメージが大きいとささやかれた。

今回のレースでそのダメージを払拭して復活して欲しい。

インタビュー動画で呆けていたのが印象的だった…今回は頑張って欲しいな!
2020年 松戸競輪開設70周年記念燦燦ダイヤモンドカップ(G3)の本命の注目選手「平原康多」

平原康多(38歳)S級S班

平原康多はサマーナイトフェスティバルでは、まさかの準決勝敗退とS班としては悔しい結果を出してしまった。しかし切り替えて臨んだ弥彦G3では優勝している。

初日は逃げる郡司浩平の捲ることには成功したが、後ろの諸橋愛に差されて2着に。2日目は逃げ切る頭の坂井洋を番手から差し切り1着。3日目は第3コーナー付近まで後方に置かれていたが、そこからぐんぐん伸びて接戦を物にしての1着。

決勝では初日同様逃げる郡司浩平を捲り切り、番手の諸橋愛に借りを返す形になった。

直近のオールスター競輪で初日に落車し、二日目も武田豊樹との関東ゴールデンペアで挑むも8着で、途中欠場した。

怪我の具合も心配だが、走りもファンからの信頼も安定している平原康多選手の活躍を期待したい。

オールスター競輪では残念だったな…このレースで立ち直る事を期待しよう!
2020年 松戸競輪開設70周年記念燦燦ダイヤモンドカップ(G3)の本命の注目選手「内藤宣彦」

内藤宣彦(49歳)S級1班

今年の初めはS級2班に降格していたが、S級1班に返り咲いているベテラン選手の内藤宣彦

10年以上S級1班で戦い続けてきた記録は、実力者である何よりの証拠だろう。松戸競輪場は2005年に、200勝利を達成した地であるため思い入れは強いはず。

グレードレースでは数多く出走していたが、優勝はG3を1度だけのため、2度目の優勝を目指してほしいところ。

直近の函館F1は病気欠場しているためコンディションは未知だが、宇都宮F1・伊藤F1と続けて決勝に乗っているため期待できるだろう。

目立った活躍が出来ていないが、ここで意地の走りが出来るのか注目だな!

◆松戸競輪場(G3)燦燦ダイヤモンドカップ競輪の地元注目選手

2020年 松戸競輪開設70周年記念燦燦ダイヤモンドカップ(G3)の地元の注目選手「飯田辰哉」

飯田辰哉(47歳)S級2班

2018年に一時A級1班に降格しているが、翌年にS級2班に返り咲いているベテランレーサー。

47歳ながらニックネームがハーゲンタッツとユーモア溢れる愛称は、人柄が証か。今レース出走するメンバーの中で、松戸競輪状をホームバンクとしている選手は飯田辰哉のみ。

そのため地元選手としての意地を見せてほしい。

近況成績は良い結果を出せていない上に6月頭から7月頭にかけて1ヶ月近く負傷欠場していたことも。しかしだからこそ地元の力が必要となることだろう。

ホームだが味方が少なくて苦戦しそうだ!どう立ち回るかは気になるところ!

◆松戸競輪場(G3)燦燦ダイヤモンドカップの新人注目選手

2020年 松戸競輪開設70周年記念燦燦ダイヤモンドカップ(G3)の新人の注目選手「朝倉智仁」

朝倉智仁(21歳)S級2班

2019年に松戸競輪場でデビュー初勝利を飾ってから、年末にはS級2班に特昇している期待の新人。

アマチュア時代にはジュニアオリンピックやインターハイで結果を出しているため、有名選手である。

しかし競輪学校での成績は伸びず下位の成績を出してしまうが、選手になってから徐々に競輪への慣れを見せている。

直近の川崎F1においては初日・2日目1着続きで優勝がかかっていたが落車。静岡F1を欠場しているためコンディションに不確定要素が勢いで乗り切って欲しい。

115期のS級上りは6名しかまだいなくてそのうちの1人だぞ!
2020年 松戸競輪開設70周年記念燦燦ダイヤモンドカップ(G3)の新人の注目選手「染谷幸喜」

染谷幸喜(31歳)S級2班

昨年からS級2班で戦い続けている若手は、そろそろグレードレースで結果を残しては良いのではないか。

千葉競輪場をホームバンクに置く選手ではあるが県としてみれば地元同然。アマチュア時代には陸上の十種競技をしており、インカレで優勝するなど身体能力の高さはお墨付き。

その身体能力を活かしてまだまだ成長してほしい。直近成績は弥彦G3・函館G3と相次いでグレードレースに出走しているが、どちらも結果を残せずに終わっている。

今レースでは爪痕でも残していってほしい。

30代でそろそろ実績は作っておかないと厳しくなるからな!SS選手も少ないし頑張って欲しい!

過去の優勝者と昨年優勝者のコメント

2012年/武田豊樹
2013年/浅井康太
2014年/稲垣裕之
2017年/諸橋愛
2018年/中川誠一郎

◆前回大会優勝、中川誠一郎のコメント

『石塚輪太郎の外は行きたくなかった。

6番村田雅一もの張りながらだったので、そこをゆっくり抜けました。そこを抜けてからは全開で踏みましたね。

初日、2日目は疲れが抜けなかったんですけど、準決勝で抜けました。

感触も決勝は良かったですね。あの感じが(オールスターで)出れば良いですね。

賞金ではKEIRINグランプリが厳しそうなので、タイトルを獲りたい。オールスターでは、新田祐大、ワッキー(脇本雄太)、深谷知広に負けないくらいの戦いをしたい』

このころの中川誠一郎は調子よかったな!

松戸競輪場の情報

2020年 松戸競輪開設70周年記念燦燦ダイヤモンドカップ(G3)のバンク特徴から攻略法まで徹底解析

1着決まり手 逃げ:29% まくり:37% 差し:34%
2着決まり手 逃げ:23% まくり:15% 差し:17% マーク:45%

逃げ切りが決まりやすいからライン通りでの決着も多いようだ!

◆松戸競輪場の特徴

1周333m。

カントは浅いので逃げきりが決まりやすい。捲りは早めに駆けださないと決まり辛い。

逃げ切りと捲りがほとんどのレースで決まるためそのままラインでの決着も多い。

そのため筋違いの高配当が生まれる可能性が高く、逆張りする競輪ファンも存在する。

競りが内側の選手が有利なので外から捲って捲り切れず競り合いになると捲り選手はほとんどの確率で失速する。

バンク全体が透明バンで囲われているため上から風が入り込み、逃げ場のない風が渦巻くことがあり、向かい風の中走っている状態がよく続くという。

基本なに初手逃げ位置を取れれば勝ちやすく、カントが浅いから外からの強襲は難しいってことだな!
おすすめの記事