2020年 伊東温泉競輪第36回共同通信社杯(G2)の特徴

・レース名:伊東温泉競輪場G2第36回共同通信社杯
・開催場:伊東温泉競輪場
・開催期間:2020年 9月18日(金)~9月21日(月)
・優勝賞金:1980万円

共同通信社が主催される共同通信社杯。

毎年9月頃に開催されており
元々は一発勝負のルビーカップが前身となる。

【若手の登竜門】とされており若手選手達も多く出場することが出来る。

そのためS級トップを走り続ける一流選手と伸び盛りの若手選手が真剣勝負を繰り広げる。

またG3記念競輪のような初日特選シードレースは無いので初日から本気のレースとなる。

またG2開催は9車立てのレースになるので、本来の競輪を楽しむことが出来る。

混戦必至のレース展開になりやすく的中予想をするのが困難なレースが多いかもしれない。
しっかりとと情報収集を行っておくべき大会だ。

S級S班9名は勿論!若手の勢いある選手達もたくさん出場するぞ!

伊東温泉競輪場 共同通信社杯(G2)の前回大会の傾向

昨年の決勝に残ったS班は平原康多のみと、予選で何度も番狂わせが起きたレースとなった。

もちろん決勝での本命は平原康多で、前年の共同通信杯でも優勝しているため連覇に燃えている。番手には何度も好連携を見せている諸橋愛を迎え、万全の状態で挑む。

地元柴崎淳の底力も侮れず、好調のまま決勝を迎えているため対抗視できる。

レースは残り2周で平原康多が前に出るが、山崎賢人がそれを越していきそのまま逃げ切りへ。

残り半周で3番手から郡司浩平・後方から渡邉一成が縦に踏んでいく。合わせて平原康多も前に出ようとするが、稲川翔の強い牽制にラインは乱れる。

その隙を縫ってきたのが佐藤慎太郎。前は郡司浩平のチャンスでそのまま1着。2着は佐藤慎太郎。3着は平原康多と現在のS班が上位を占めた。

G2レースだが郡司浩平がS級S班入りを決定する優勝レースだったな!

◆伊東温泉競輪場(G2)共同通信社杯で活躍する選手

S級S班の選手が9名揃う。

脇本雄太新田祐大平原康多松浦悠士清水裕友佐藤慎太郎村上博幸中川誠一郎郡司浩平

S級1班の北日本の選手は、永澤剛新山響平佐藤友和大槻寛徳菅田壱道和田圭櫻井正孝内藤宣彦守澤太志伏見俊昭山崎芳仁渡邉一成渡部幸訓小松崎大地

関東からは、武田豊樹鈴木謙太郎芦澤辰弘吉澤純平山岸佳太吉田拓矢天田裕輝森田優弥鈴木竜士柿澤大貴諸橋愛

南関東は、和田健太郎鈴木裕岩本俊介福田知也内藤秀久松坂洋平東龍之介堀内俊介松井宏佑岡村潤渡邉雄太

中部の選手は、吉田敏洋深谷知広志智俊夫竹内雄作浅井康太柴崎淳坂口晃輔

近畿からは、村上義弘稲垣裕之山本伸一三谷竜生東口善朋稲毛健太南修二古性優作澤田義和松岡健介

中国の選手は、岩津裕介川端朋之桑原大志宮本隼輔取鳥雄吾竹内翼

四国選手は、室井健一小倉竜二阿竹智史原田研太朗小川真太郎太田竜馬島川将貴佐々木豪松本貴治

九州の選手からは、野田源一坂本健太郎園田匠北津留翼山田英明山崎賢人大塚健一郎松川高大中本匠栄

がS級1班から出場する。

S級2班の選手も数は多いが注目の選手をピックアップすると、

坂本周作高橋晋也雨谷一樹坂井洋大石剣士近藤龍徳川口公太朗川口聖二皿屋豊寺崎浩平中井俊亮久米康平

S級1班と2班に多くの若手選手が出場するぞ!

共同通信社杯競輪のイチオシ選手

◆伊東温泉競輪場(G2)共同通信社杯競輪の注目選手

2020年 伊東温泉競輪第36回共同通信社杯(G2)の本命の注目選手「脇本雄太」

脇本雄太(31歳)S級S班

グレードレースになるとやはりこの男に期待してしまう。

直近のオールスター初日ドリームレースでは、残り半周で深谷知広が仕掛けてくるが、番手の郡司浩平がしっかりと仕事をし逃げ切るこのに成功した。

2日目のシャイニングスターでは頭を張っていたが、残り一周を切った第二コーナー付近で松浦悠士に叩かれ後退。そのまま8着に沈んだ。

切り替えて臨みたい準決勝では残り半周付近で頭の新山響平を捲り1着。その流れで優勝が大いに期待されたが、松浦悠士との競り合いを制することができず2着フィニッシュ。

優勝候補筆頭には変わりないが、自分らしいレースをしてくれればと思う。

松浦悠士へのリベンジに燃えてることだろう!
2020年 伊東温泉競輪第36回共同通信社杯(G2)の本命の注目選手「菅田壱道」

菅田壱道(34歳)S級1班

長く競輪界トップクラスを維持している菅田壱道のG2優勝が見たい。

高校からいくつもの大会を優勝しており、2009年には2度目のヤンググランプリで3位になるなど注目のルーキーだったのはいまは昔。

それから必ずと言って良いほど、大舞台には顔を出している選手だ。しかし肝心の結果の方はG3を3度優勝したことがあるのみ。

G2以上では結果を出せていないため、ファンの中にはまだかまだかと待ちわびている人も少なくないはず。

最近はグレードレースで決勝に乗ることができていないが、ここで一踏ん張り力を見せてほしい。

逃げ捲りの対応力が上がっているから、混戦の中どう切り抜くか注目だな!
2020年 伊東温泉競輪第36回共同通信社杯(G2)の本命の注目選手「古性優作」

古性優作(29歳)S級1班

学生時代はBMXで名を馳せてきた29歳は30歳手前で、初のG2優勝を飾りたい。

こちらも菅田壱道と同じように、グレードレースには必ずと言っていいほど見る顔ぶれだ。

G3は5度優勝している経験があるため、実績には申し分ない。オールスターでは初日こそ7着に沈んだが、2日目は直線で伸びて1着。準決勝では脇本雄太の番手を守り抜き2着。

決勝でも脇本雄太の番手を維持し3着と脚の調子は良さそうだ。好調の今だからこそ、結果を残すため本人は気合十分でレースに挑む。

最近調子が良いからしっかりと勝ち上がってくるだろう!

◆伊東温泉競輪場(G2)共同通信社杯競輪の地元注目選手

2020年 伊東温泉競輪第36回共同通信社杯(G2)の地元の注目選手「大石剣士」

大石剣士(24歳)S級2班

昨年からS級2班で戦っている伊藤の若手は着実に成長している。

高校時代から自転車競技をはじめており、ジュニアオリンピック・高校選抜で上位の成績を残している実績者。

競輪学校での競争訓練・卒業記念レースではあまり活躍できなかったが、学業優秀賞を受賞しており選手になってからの活躍が期待されている。

まだグレードレースに多く出走したことがないため、経験値は乏しいが地元の伊藤競輪場では、S級試合の初勝利を納めているため相性は良い。今レースでも勝利を掴みたい。

この前の岐阜記念では佐藤慎太郎を番手に逃げ切っているからな!これからの成長が楽しみだ!

◆伊東温泉競輪場(G2)共同通信社杯の新人注目選手

2020年 伊東温泉競輪第36回共同通信社杯(G2)の新人の注目選手「高橋晋也」

高橋晋也(25歳)S級2班

昨年のデビューから今年の夏は1番成長できた時期ではないだろうか。

高松宮・サマーナイト・オールスターと立て続けに大舞台を経験し、トップレベルの選手たちのレベルを肌で感じることができた。

サマーナイトに関しては準決勝に乗ることができたので、自信に繋がったはずだ。

グレードレースが続いているため、感覚も落とすことなくレースに臨めている。

先行タイプの選手ではあるが、ゴール前での伸びも期待できるため多彩な攻め方ができる選手だ。

ウィナーズ準優した輝きをここで取り戻してほしいな!
2020年 伊東温泉競輪第36回共同通信社杯(G2)の新人の注目選手「坂井洋」

坂井洋(25歳)S級2班

高橋晋也と同様に昨年のデビューから早くもS級で戦っている期待の新人だ。

ゴールデンキャップを保持しているだけにスピードはピカイチである。しかしまだグレードレースで決勝に乗ったことがないため、そろそろ乗って欲しいと期待してしまう。

G3で準決勝に乗ることはできているが、それだけではファンは満足しない。今場所はG2のためもちろん錚々たるメンバーの中での勝負となる。

どれだけ食らいついていけるか見ものだ。成長に繋がるレースとして積極的に仕掛けていってほしい。

松戸G3は決勝に惜しくも乗れなかったからなー!今回G2だが頑張って欲しいな!

過去の優勝者と昨年優勝者のコメント

2014年/新田祐大
2015年/神山雄一郎
2016年/竹内雄作
2017年/諸橋愛
2018年/平原康多
2019年/郡司浩平

◆前回大会優勝、郡司浩平のコメント

ゴールした瞬間1着と分かったのでガッツポーズできました。

今回は獲りに行って取れたので自信を持って優勝できたって報告できそうです。

スタートで失敗してしまったけど、まず山崎賢人が動いたのでそのラインに乗ってどこから仕掛けるかって考えていました。

3番手をすんなり取れたのが勝因ですね。(後ろに平原康多がいたが)被って何もできないのが一番怖かったので、抜かれたらまた練習すればいいと。

賞金ランキングが上がってグランプリが見えてきたが意識しないのは嘘になるけど、最後まで気を引き締めてやるだけです

まさか郡司浩平が勝つとは思わなかったんだよな!にっかり捲り逃げしててすさまじかった!

伊東温泉競輪場の情報

2020年 伊東温泉競輪第36回共同通信社杯(G2)のバンク特徴から攻略法まで徹底解析

1着決まり手 逃げ:24% まくり:40% 差し:36%
2着決まり手 逃げ:18% まくり:16% 差し:23% マーク:41%

最終直線での追い込みが勝利のカギ!比較的逃げ切れないわけではないようだ!

◆伊東温泉競輪場の特徴

1周333m。

サンサンバンクだが、直線は長いので最終直線での追い込みで差しに行くことが出来るので最後までレースの決着がわからないのが特徴。

脚質の有利不利は無いものの、カントがきついがバックストレッチで仕掛ければまくりは比較的に決まる。

選手の感覚では400バンクに近い感覚だそうだ。

高台に位置している競輪場なので風の入り込みがほとんどない。

積極的に前に出ておくのか、捲るタイミングを見切って攻めるのか?戦術はかなり難しいのかもな!
おすすめの記事