10/9 西武園競輪開催 ガールズケイリン オッズパーク杯

・レース名:西武園競輪場 ガールズケイリン オッズパーク杯
・開催場:西武園競輪場
・開催期間:2020年 10月9日(金)~10月11日(日)
・優勝賞金52万5千円

年に1度しか開催されないガールズケイリンがメイン大会。

通常ガールズケイリンは1日2Rの開催だが、今回の西武園競輪で開催されるオッズパーク杯は1日6Rも開催される。

そのため、ガールズケイリン選手我42名も開催地に集合するため
ガールズケイリン好きには注目の大会になっている。

グレードレースではないがガールズケイリンの企画レースだ!

◆西武園競輪場 ガールズケイリン オッズパーク杯に出場するガールズ選手

ガールズケイリンはラインがないので地区は関係ないが、
地区ごとに出場選手を記載しておく。

北日本選手は、奈良岡彩子加藤恵佐々木綾

関東選手は、荒川ひかり荒牧聖未岡村育子細田愛未太田りゆ野本怜奈、、青木美保飯田よしの高木真備板根茜弥鈴木彩夏岡本二菜渡辺ゆかり黒河内由実

南関東選手は、篠崎新純尾崎睦高木佑真杉沢毛伊子鈴木美教

中部選手は、大谷杏奈佐々木恵理中野咲鈴木樹里杉浦菜留永禮美瑠小坂知子

近畿選手は、柳原真緒坂口楓華

四国選手は、三宅玲奈田口梓乃渡口まりあ、。

九州選手は、矢野光世尾方真生橋本佳耶那須萌美南円佳比嘉真梨代

注目なのは高木真備だろうな!

ガールズケイリンオッズパーク杯のイチオシ選手

◆西武園競輪場 ガールズケイリンの注目選手

2020年 西武園競輪 ガールズケイリン オッズパーク杯(F2)の注目選手「高木真備」

高木真備(26歳)(106期)

文句なしで優勝候補だ。オールスター競輪のガールズドリームレースでは4着になってしまったが、それからの大宮F2・弥彦F2・松戸F2・共同通信社杯のガールズケイリンコレクションと1着続き。

今年も昨年に引き続き多くのタイトルを取っている。

特に特別競輪であるガールズケイリンフェスティバル・ガールズケイリンコレクションで優勝できているため、過去最高の出来という見方もできる。

昨年出場できなかったガールズグランプリに向けて今レースも躍進したい。得意のマキビームが見れるか注目だ。

今年は児玉碧衣に並んでトップ選手だな!
2020年 西武園競輪 ガールズケイリン オッズパーク杯(F2)の注目選手「尾方真生」

尾方真生(21歳)(118期)

今年5月にデビューしたばかりだが、ガールズケイリン界でトップクラスの実力を兼ね備えている。

デビューの小倉F2から青森F2・函館F2と3連勝を飾っていることは、ベテランレーサー達から一目置かれる存在となっているはずだ。

またデビューから全て3着以内に入っており、今レースでも車券を買うことを強くお勧めする。

最近の成績をみても久留米F2・高知F2と完全優勝続きで脚の調子も良い。もちろん意識している選手は高木真備だろう。

九州地区だし、やはり環境や練習相手が良いんだろうな!
2020年 西武園競輪 ガールズケイリン オッズパーク杯(F2)の注目選手「坂口楓華」

坂口楓華(23歳)(112期)

強力な実力者が追加出走する。

今年の成績を見るとF2で7度優勝。F1で1度優勝と昨年のF2に2度優勝の結果よりも大きく上回っている。

直近の向日町F2では失格になってしまったが、1着続きで決勝に乗っているため脚の調子は悪くない。

その調子を引き続きキープできれば今レースでも決勝に乗ることはほぼ間違いない。まだ特別競輪に出走した経験がないため、ここで結果を残し大きな弾みとしたい。

姉妹で走って欲しかったが、姉の坂口聖香は病気欠場らしい。残念だな!

◆西武園競輪場 ガールズケイリンの注目の新人選手

2020年 西武園競輪 ガールズケイリン オッズパーク杯(F2)の注目の新人選手「永禮美瑠」

永禮美瑠(20歳)(118期)

今年の5月にデビューしたばかりの新人だが、5度決勝に乗ることができている。1着を取ることは少ないが今レースでも決勝に乗ることを期待したい。卒業記念レースでは3着・競輪学校での成績は7位と118期の中でもトップクラスのため、決勝常連となることも時間の問題か。アマチュア時代にはBMXでアジア選手権2位。ユースオリンピック6位と好成績を収めている。日に日に競輪へと慣れていっている永禮美瑠は成長株と言えるだろう。

決勝常連なら優勝もさほど遠くないだろうな!流石にこの大会で優勝sるのは難しいだろうが…
2020年 西武園競輪 ガールズケイリン オッズパーク杯(F2)の注目の新人選手「杉浦菜留」

杉浦菜留(20歳)(118期)

ジュニアオリンピックカップのスプリントで2位になるなどアマチュア時代からスピードには定評のある選手。

競輪学校では8位だったが、卒業記念レースでは目立った活躍はできなかったため選手になってからの頑張りにきたいしたい。

直近の松山F2では7月の和歌山F2ぶりに決勝に乗ることができているため、調子はやや上向きか。

初優勝の経験がまだ無いため、実力者達に比べれば劣ってしまう部分もあるが若さの勢いを武器に前々で仕掛けていってほしい。

思ったよりかは早い成長でレースにも慣れてきた感はあるな!

◆ガールズケイリン オッズパーク杯の特徴

年に一度の開催だが、グレードレースとかではない。

だが1日6レース開催されるガールズケイリンは年に1度の開催なので、注目のレースと言ってもいいだろう。

7車立てのグレードレースを思い出してほしいが、初日二日目の獲得ポイントで決勝に進出する。

確実に決勝に進むには初日二日目を1着取る勢いではないと決勝進出は厳しい。

高木真備や尾崎睦あたりは問題なく勝ち上がってこれるだろう。

オリンピック代表補欠となった太田りゆや野本怜奈含め関東のガールズケイリン選手が集結しているのでガールズケイリンの祭典ともいえるので、
ガールズケイリン好きは要チェックだ!

42名も選手が集まるのはそうある事じゃないからな!台風の関係があるが是非観に行きたいと思っているぞ!
おすすめの記事