2020年 四日市競輪 泗水杯争奪戦(G3)の情報が丸分かり

・レース名:四日市競輪開設69周年記念G3泗水杯争奪戦
・開催場:四日市競輪場
・開催期間:2020年 11月5日(木)~11月8日(日)
・優勝賞金:363万円

四日市記念泗水杯争奪戦は四日市競輪の開設記念レースだ。

数少ないグレードレースのナイター開催になる。

小倉G1競輪祭までの最後のグレードレースになる。

競輪祭まであとわずか!このレースに出場する選手はいつもより気合が入っているだろうな!

四日市競輪 泗水杯争奪戦(G3)の前回大会の展望

地元の三重勢が躍動したレースとなった。決勝での三重県勢は2着・1着・1着で上がってきている柴崎淳と、全勝で来ている浅井康太

このコンビに注目せざるを得ない。別線を見ると4車で挑む北日本勢は強力。単騎でも十分実力がある諸橋愛やS班の村上義弘も怖い。

レースは残り2周から北日本勢と村上義弘・岩津裕介ラインが競り合う。残り一周まで競りは続くが、第1コーナーから柴崎淳が捲りをかましていく。

番手の浅井康太・単騎の諸橋愛が続き第3コーナーでは3車の争いに。

浅井康太と諸橋愛が直線で競り合っているなか、柴崎淳は優勝を決めた。今年のレースでもライン間での競り合いに注目だ。

諸橋愛が突っかからなかったら浅井康太の連覇もチャンスあっただろうな!

◆四日市競輪(G3)泗水杯争奪戦で活躍する選手

S級S班は佐藤慎太郎、平原康多村上博幸松浦悠士が出場する。

北日本のS級1班選手は、五日市誠坂本貴史渡部幸訓

関東選手は、山岸佳太神山雄一郎宿口陽一佐藤真一

南関東選手は、田中晴基松坂英司桐山敬太郎福田知也東龍之介簗田一輝

中部からは、浅井康太志智俊夫不破将登坂口晃輔

近畿からの選手は、高久保雄介稲垣裕之椎木尾拓哉南潤

中国地区からは、三宅達也戸田洋平吉本哲郎竹内翼

四国の選手は、堤洋原田研太朗

九州地区からは、野田源一田中誠北都留翼小岩大介

S級2班の注目選手は、小原丈一郎佐藤博紀雨谷一樹眞杉匠笠松将太近藤隆司内山雅貴山田諒皿屋豊三谷政史伊藤成紀筒井裕哉久米良鶴良生

今回は柴崎淳は病気欠場なので浅井康太がホームの期待を背負うことになるぞ!

泗水杯争奪戦競輪のイチオシ選手

◆四日市競輪(G3)泗水杯争奪戦競輪の注目選手

2020年 四日市競輪開設69年記念泗水杯争奪戦(G3)の本命の注目選手「平原康多」

平原康多(38歳)S級S班

前レースの京王閣G3で優勝しているため、今レースでも期待ができる。2日目からすべて1着続きのため好調である。

その調子が持続できていれば問題なく決勝まではいけるだろう。2020年のG3レースで4度優勝しているため、S班として恥じない結果を残せている。

しかし最近の共同通信社杯・寛仁親王碑など特別競輪では決勝に乗ることができていないため、確実にG3では決勝に乗っておきたい。

四日市競輪場はS級の初勝利を挙げた場所でもあるため、相性は悪くないはずだ。

大分元に戻ってきた感はあるな!賞金的には余裕がまだあるし無理せず望んで欲しいところだ!
2020年 四日市競輪開設69年記念泗水杯争奪戦(G3)の本命の注目選手「松浦悠士」

松浦悠士(29歳)S級S班

松浦悠士に注目しないレースはない。ここまで決勝に乗り続けている選手はS班でもごくわずかだ。

競輪界の顔となる日はそう遠くなく、王者になる日を待ち侘びているファンも多いだろう。

年末に向けて調子を落とさないためにも今レースでもしっかり結果を残したいはず。

まず決勝に乗ることは間違いないと見ていいだろう。そのため全レースで車券を買うべき選手だ。

前レースでは平原康多・佐藤慎太郎ラインに勝てなかったためリベンジを果たしたい。

競輪祭とグランプリに向けたアップみたいな感じだろう!それでも優勝はかっさらいに行くのが松浦悠士だ!
2020年 四日市競輪開設69年記念泗水杯争奪戦(G3)の本命の注目選手「佐藤慎太郎」

佐藤慎太郎(43歳)S級S班

王者を名乗れるのも今年あと僅かとなってきた。そんな中でやはりグレードレースでの優勝を期待してしまうのは私だけだろうか。

しかし思い返せば昨年はグレードレースの優勝がなくグランプリに出走し優勝している。そのため勝負強さだけはまだまだ健在ということか。

前回大会のゴールドカップレースでは平原康多の追走に専念し2着を取っている。

今レースでも初日特選では平原康多と組んでいるため、決勝まで2車残り続ければまた同じような展開が見られるかもしれない。

その時に平原康多の番手から伸びる佐藤慎太郎をみたいものだ。

優勝しなくてもしっかりと決勝進出して賞金稼ぎってのはなかなか出来ないことなんだが凄い選手だよ・・まったく!

◆四日市競輪(G3)泗水杯争奪戦競輪の地元注目選手

2020年 四日市競輪開設69年記念泗水杯争奪戦(G3)の地元の注目選手「浅井康太」

浅井康太(36歳)S級1班

四日市競輪場のレースで浅井康太に期待しないことはない。

2011年から2019年までS班として競輪界を引っ張ってきた顔。G1の優勝は3回・グランプリ優勝は2回と輝かしい功績を残している。

活躍の幅は競輪だけではなくW杯で銅メダル・アジア選手権で金メダルと世界でも活躍してきた男だ。

しかし今年からS級1班に降格している。2020年の初めはG3を優勝しており、調子の良い時期もあったが現在では大きな結果は残せていない。

地元の今レースで再度優勝し再起を図る。

地元記念優勝を機に競輪祭活躍もあり得るだろう!
2020年 四日市競輪開設69年記念泗水杯争奪戦(G3)の地元の注目選手「坂口晃輔」

坂口晃輔(32歳)S級1班

競輪学校の競争訓練では6位。卒業記念レースでも6着と選手になる前から、注目度は高かった。

2009年にデビューし、2011年のヤンググランプリでは3着と期待の若手選手として活躍していた。

2014年からS級1班で戦っているが、未だグレードレースでの優勝はない。

特別競輪の常連選手であるため、経験値は高いが結果に出ていない選手だ。そのため地元の今レースでは初優勝に向けて、気合十分で挑むはず。

悲願の優勝なるか注目したい。

浅井康太との連携でしっかりと仕事出来るかが重要だな!

◆四日市競輪(G3)泗水杯争奪戦の新人注目選手

2020年 四日市競輪開設69年記念泗水杯争奪戦(G3)の新人の注目選手「小原丈一郎」

小原丈一郎(22歳)S級2班

2019年のデビューから特昇を重ねて、今年の6月からS級で戦っている期待の若手の1人。

高校選抜の1kmTTでは3位。ジュニアオリンピックの1kmTTでも3位。ケイリンでは2位。アジア選手権チームスプリントでは2位とアマチュア時代から結果を残している。

競輪学校や卒業記念レースでは目立った活躍はできなかったが、選手になってからの成長には注目度が高い。

まだ特別競輪の出走はないが、若手の勢いを存分に発揮してほしい。今レースではまず決勝を目指したい。

今年はG3で経験詰んで、来年のG1・G2での活躍を期待したい!

過去の優勝者と昨年優勝者のコメント

2014年/浅井康太
2015年2月/浅井康太
2015年7月/浅井康太
2017年/山中秀将
2018年/浅井康太
2019年/柴崎淳

◆前回大会優勝、柴崎淳のコメント

初日と2日目に使ったフレームに朝、換えました。

小細工なしの勝負だと思っていた。打鐘過ぎに一回(仕掛ける)タイミングがきたけど、自分の航続距離ではなかった。

ホーム過ぎには仕掛けないと2人で決まらないと思った。4日間の中で一番脚的には良かった。踏み出しの感じも良かった。

道中で諸橋愛さんに追い上げられるとタイミングがズレてキツかった。10年前とは違って優勝を狙っていかないといけない立場だし、盛り立てていかないといけないし、1着を目指して走らないといけない。

このフレームで優勝できて、良い感じで競輪祭にいけると思う。流れは良いので

浅井康太とのワンツーが理想的だったがなー!惜しかった!

四日市競輪の情報

2020年 四日市競輪開設69年記念泗水杯争奪戦(G3)のバンク特徴から攻略法まで徹底解析

1着決まり手 逃げ:20% まくり:33% 差し:47%
2着決まり手 逃げ:18% まくり:16% 差し:28% マーク:38%

捲りや差しが基本的に決まるから捲り脚の自力選手や差し脚強い選手を見とくといいぞ!

◆四日市競輪の特徴

1周400m。

クセのない標準的なバンク。

だが海に近いので海風が入り込む。

秋頃は気温差で追い風・向かい風と風向きが変わる傾向がある。

最終直線が少し長いことと、直線走路が広いので外から捲り強襲もしやすい。

競輪と関係ないが展望からは四日市コンビナートっていう四日市の観光名所?工業地帯が見えるぞ!
夜の向上地帯の光はきれいだったのを覚えているな!
おすすめの記事