2020年 別府競輪開設70周年記念オランダ王国友好杯(G3)の特徴

・レース名:別府競輪開設70周年記念G3オランダ王国友好杯
・開催場:別府競輪場
・開催期間:2020年 12月3日(木)~12月6日(日)
・優勝賞金:363万円

別府記念オランダ王国友好杯は別府競輪の開設記念レースだ。

大分とオランダは鎖国していた江戸時代からの繋がりがあり、
オランダ国王が自転車競技に興味があったのも起因してしているようだ。

18年まではF1競走で「オランダ王国皇太子杯」だった。
その時までの開設記念G3は「別府八湯ゆけむりカップ」だったが、皇太子が国王になり頼み込んでG3に繰り上げし今の【オランダ王国友好杯】として毎年12月頃に開催している。

G1競輪祭後ということもあり、S級S班確定選手はグランプリに専念するために12月のG3は比較的でない傾向がある。
そのためS級2班選手が多く出場している。

今回は松浦悠士と中川誠一郎のS級S班2枚が出場しているぞ!

別府競輪 オランダ王国友好杯(G3)の前回大会の展望

唯一のS班浅井康太の実力に疑いの余地はなく、単騎ながら怖い存在だ。

しかし本命としては南関勢3車の番手に位置する岩本俊介か。頭の松井宏佑・後ろの簗田一輝と自力型が揃い強力だ。

今レースの結果を見て稲毛健太は優秀で、1発には注意したい。

レースは残り2周で先手を仕掛けたのは稲毛健太。ついで単騎の木暮安由・浅井康太という並びに。

そのまま1列でレースが進むが、2コーナーで松井宏佑が捲りをカマシ前団を呑み込んで行く。

青板では松井宏佑と番手の岩本俊介と一騎討ちになるが、捲りの勢いそのままに松井宏佑が優勝を果たした。

相手を上手く逃がしてバックから一気に捲っての展開は見事だった!

◆別府競輪(G3)オランダ王国友好杯で活躍する選手

S級S班は、松浦悠士中川誠一郎の2名が出場する。

S級1班選手は北日本から、伊藤大志齋藤登志信菅田壱道山崎芳仁

関東地区は、芦澤辰弘木暮安由黒沢征治諸橋愛

南関東からは、鈴木裕岩本俊介野口裕史大塚玲萩原孝之

中部地区からは、浅井康太伊藤裕貴

近畿の選手は、中井太祐石塚輪太郎南修二古性優作

中国地区からは、三宅伸岩津裕介川端朋之

四国からは、福島武士小倉竜二阿竹智史島川将貴渡部哲男

九州の選手は、加倉正義園田匠小川勇介北津留翼林慶次郎大塚健一郎小岩大介

注目のS級2班選手は、尾形鉄馬雨谷一樹蕗澤鴻太郎小林令江守昇大石剣士望月一成山口泰生皿屋豊窓場千加瀬三谷政史柏野智典奥村諭志才迫開久米良小川丈太山中貴雄津村洸次郎嘉永泰斗伊藤颯馬

今回は松浦悠士と中川誠一郎のS級S班2枚が出場しているぞ!

オランダ王国友好杯競輪のイチオシ選手

◆別府競輪(G3)オランダ王国友好杯競輪の注目選手

2020年 別府競輪開設70周年記念オランダ王国友好杯(G3)の本命の注目選手「松浦悠士」

松浦悠士(30歳)S級S班

前レースの競輪祭では優勝が期待されていたが、小倉竜二を落車させてしまい準決勝で失格となってしまった。

しかし予選では1着・1着・2着と脚の調子は相変わらずの好調で、G3となれば間違いなく優勝候補筆頭に挙げられる。

年末の競輪グランプリの出場権も獲得し、本人もそこを意識してレースに挑むだろう。

昨年のグランプリでは7着に沈んでしまっているため、調整できる今の時期を大事にしたいはず。

出走する際には必ず車券は買っておくべき選手だ。

グランプリ控えているし気を付けて走って欲しいな?
2020年 別府競輪開設70周年記念オランダ王国友好杯(G3)の本命の注目選手「諸橋愛」

諸橋愛(43歳)S級1班

前レースの競輪祭では初日こそ6着に沈んだが、その後は1着・2着・3着と続き決勝では平原康多の追走に専念。

青板で古性優作との競り合いには勝利したが、後ろから伸びてきた稲川翔に抜かれ惜しくも入着できず4着となっている。

しかしその実力に疑いの余地はなく、G3の今レースでは決勝に残ることは濃厚だ。

今年のグランプリ出場は叶わなかったが、2017年に出走しており来年に向けて切り替えているはず。

G3は7度制しているため、8度目の制覇に向けて挑む。

やはり年齢か?去年よりも勢いが落ちてきているのが気になる!タテヨコ上手いだけにレース巧者らしいレース展開を期待したい!
2020年 別府競輪開設70周年記念オランダ王国友好杯(G3)の本命の注目選手「浅井康太」

浅井康太(36歳)S級1班

1年でのS班返り咲きを期待していたファンは多かったが、成し遂げることが出来ずに本人はどのような想いでいるのかは気になる。

2020年の前半では好調を維持しG3で3度優勝しているが、その後失速し思うような結果を出し続けることはできなかった。

直近の競輪祭でも準決勝で落車してしまい残念な結果に。それでも浅井康太がこのままで終わるはずがないと信じているファンも多いはず。

今年を勝利で締めくくり、来年こそはS班に昇格してほしい。そのためにも今レースでは優勝が必須事項だ。

落車後はコンディション最悪と言ってたらしいが大丈夫だろうか?

◆別府競輪(G3)オランダ王国友好杯競輪の地元注目選手

2020年 別府競輪開設70周年記念オランダ王国友好杯(G3)の地元の注目選手「大塚健一郎」

大塚健一郎(43歳)S級1班

高校時代から自転車競技をしており、インターハイと国体の4km速度競走2位。国体ロード3位。と上位の成績を残していた。

競輪学校でも在校成績は4位。卒業記念レースでは1着続きであったが、落車があり惜しくも棄権。

99年のデビューからG3を4度優勝経験があり、S班在籍経験もある別府競輪を代表する選手だ。

しかし最近のグレードレースでは爪痕を残せておらず、F1でも決勝に乗るのがやっとという印象を受ける。

今レースはB級・A級の初勝利を収めた地元別府競輪でのグレードレースとなるので、気合十分で挑むだろう。

この前の競輪祭も何とか3着が1かい立ったし、その前は病気欠場しているから調子の方が心配だな!
2020年 別府競輪開設70周年記念オランダ王国友好杯(G3)の地元の注目選手「小岩大介」

小岩大介(36歳)S級1班

高校から自転車競技を始めており、競輪学校の在校成績は8位と上位の成績で卒業している。

2005年にデビューしているが未だグレードレースでの優勝はないため、地元開催には人一倍気合が入っているはず。

別府競輪場ではデビュー初勝利を収めているため、思い出の地であることは間違いない。

最近の成績は決して良いものではなく、S級1班と2班を行き来しているのが現状だ。しかし地元の利を活かして、悲願のグレードレース初優勝を狙いに行く。

来期はS級2班に降格となってしまったが、こと位の見せ場は作れるか?

◆別府競輪(G3)オランダ王国友好杯の新人注目選手

2020年 別府競輪開設70周年記念オランダ王国友好杯(G3)の新人の注目選手「伊藤颯馬」

伊藤颯馬(21歳)S級2班

アマチュア時代の成績は、国体ケイリンで2年連続6位。ジュニアオリンピックスクラッチで5位と上位の結果を出している。

競輪学校の競争訓練では21位と奮わなかったが、卒業記念レースでは5位と本番に強い選手だ。

2019年のデビューから特昇を重ねて現在ではS級2班に。まだS級で優勝したことはないが、決勝には乗れているため時間の問題だろう。

今レースは3度目のグレードレースのため結果を残すことは難しいかもしれないが、これからの成長に繋がるレースにしていきたいところだ。

まだ目立ててないがこのレースで目立った存在になるかも!?

過去の優勝者と昨年優勝者のコメント

2013年/新田祐大
2014年/後閑信一
2015年/金子貴志
2016年/岡村潤
2017年/田中晴基
2019年/松井宏佑

◆前回大会優勝、松井宏佑のコメント

勝てたのは良かったです。今日は前を取って引いて行ける所からと思っていました。

昨日のイメージが良かった分、いけるかなと。稲毛健太が徐々上げだった分、合わされたかなと思いましたけど乗り越えられて良かった。

ただ簗田一輝君まで連れ込めなかったのは残念ですね。

次はヤンググランプリで明日の朝から練習を頑張ります

逃げ展開かと思ったが一回引いて捲りで対応したのは流石だと思ったよ!

別府競輪の情報

2020年 別府競輪開設70周年記念オランダ王国友好杯(G3)のバンク特徴から攻略法まで徹底解析

1着決まり手 逃げ:25% まくり:35% 差し:40%
2着決まり手 逃げ:18% まくり:15% 差し:23% マーク:44%

別府競輪は追い込みが有利で先行不利だ!逃げ展開に持ち込まれるといかに好調でも厳しいぞ!

◆別府競輪の特徴

1周400m。

直線距離が比較的に短いが、カントや全体的にはクセがない。

だが立地の関係で海風が年中無休で吹き込むので、逃げ選手は向かい風にもなるケースがあるので逃げ切りがしづらい。

そのためいかに位置取りを上手く取って捲りに切り替えられるかが勝利のカギとなる。

捲り合いになったら、番手の差しの展開が有利だぞ!
おすすめの記事