京王閣競輪開催 ルーキーシリーズ2020プラス 優勝者は青野将大!

ルーキーシリーズ2020プラスの優勝は青野将大!

京王閣競輪場で開催されている京王閣開設記念G3ゴールドカップレースの最終日3Rで企画レースのルーキーシリーズ2020プラスが開催される。

出走選手は↓にすでにまとめているからよかったら確認してくれればと思う。

京王閣競輪開催 ルーキーシリーズ2020プラスの出走メンバー

ルーキーシリーズ2020プラスの出走表

出走メンバーは山口拳矢青野将大石原颯長田龍拳土生淳弘山田雄大仁藤秀。の7名。

大きくラインが出来るわけではないが、長田龍拳と仁藤秀の両名が静岡同県なのでラインをで対抗するようだ。

山口拳矢は117期では2人目のS級入りの選手(1人目は寺崎浩平)なので人気は集中していた。

長田龍拳は学校成績1位ということもあって注目株。

基本は若手選手ってこともあって先行逃げ・捲りの戦法なので誰が先に前に出るか?など位置取りからレースは注目ポイントは多い。

S級入りした山口拳矢が1番人気で次点では青野将大と長田龍拳って感じだな!

山口拳矢は人気に応えられずに3着に沈む・・・

ルーキーシリーズ2020プラスのレース結果

レースは、誘導員が切れたところから長田龍拳が一気に先行、番手の仁藤秀と共に逃げ切りを図る。

山口拳矢は3番手、山田雄大、土生淳弘、石原颯、青野将大の順で追走。

2コーナーにかけて山口拳矢が仕掛け、仁藤秀がブロックに動くも山口拳矢の捲りは止まらず、バックストレッチで捲り切れず3コーナーまで引っ張るも
長田龍拳が脚持たず失速、外側に上がった長田龍拳が最終直線で伸びて差し切り1着。

山口拳矢の番手に入っていた山田雄大も山口拳矢を差して2着。

捲長引いてしまった山口拳矢は長田龍拳を捲るも3着となった。

配当は635倍の万車券となった。

山田雄大も山口拳矢の番手取って好位置を活かしたな!流石にこれは当てられないな・・・

レース後を振り返る117期の同期選手たち

ルーキーシリーズ2020プラス 山口拳矢と青野将大

山口拳矢は『動くなら長田君だし、先行も考えていたけど、外に浮いてしまって脚にきた。

回していた所もあるけど、仁藤君のけん制で脚にきました。

内容を意識してそれで勝てれば一番良かったですけど。

今後はまずはF1で優勝したい。次の岐阜もメンバーが厳しいけど頑張りたいですね』

青野将大は『前々から流れを見てと思っていたけど、後ろに追いやられてしまった。

そこからはあまり覚えていない。瞬時の判断で内にいきました。長田龍拳が強かったですね。それで拳矢が外に浮いていたので突き抜けることができました。

1回きりのレースで着を狙っていたので、勝てて良かった。

1年以内にS級に上がるのが目標。ルーキーチャンピオンにも出れるかギリギリなので狙っていきたい』

とインタビューに答えた後に同期達で集まってお互いのレースについて意見交換をしていた。

ライバル同士で行け\交換できるのは貴重な時間だからな!これから高め合っていってほしい!
おすすめの記事