松戸競輪 新型コロナウイルス 開催中止

松戸競輪の警備員から新型コロナウイルス感染が6人も!

松戸競輪 新型コロナウイルス 開催中止

松戸競輪場内で23日に警備員から1名、新型コロナウイルスに感染したことが判明。
後に保健所から認定された濃厚接触者(警備員)から27日に4名の感染が確認された。

また新たに感染した4名の濃厚接触者から1名も陽性反応が見られ、計6名の感染が確認された。

25日付で選手や選手宿舎・選手管理棟区域内の関係者とは接触がなかったため、無観客開催する予定だったが、
松戸競輪場内での観戦拡大を懸念して、隣接する東京都内ならびに千葉県内及び松戸市内の新型コロナウイルス感染状況としない指定病院の受け入れ態勢などを鑑みて、開催を中止にすると発表。

今回中止されたのは、第8回後節松戸市営松戸競輪FIIナイター「富士通フロンテック80周年記念杯」

開催中止にあたって、車券販売も中止だったが30日からは時間限定で、払い戻し業務に関しては行われる模様。

12月にはG3が控えている松戸競輪!

開催中止となった松戸競輪だが、12月10日から13日にかけてG3滝沢正光杯IN松戸が控えている。

新型コロナウイルスの影響が幸か不幸か、無観客開催のお陰でインターネット投票率が向上した競輪業界。

松戸競輪場としてはグレードレースは収益が見込めるためG3滝沢正光杯IN松戸は開催を絶対に実施したいはず。
(千葉競輪開設記念なので、収益は千葉市に還元される。千葉競輪場は現在バンク改修工事中、令和3年に公開予定、バンクは250バンクの予定)

千葉競輪的には来年バンクが変わるから最後の競輪と言って過言でもないし、収束するといいな!
おすすめの記事