伊東温泉ルーキーシリーズ2020が6月12日から開幕 注目のルーキー選手を紹介

第三回ルーキーシリーズ2020が伊東温泉競輪で開催

今年の新設シリーズ【ルーキーシリーズ2020】の第三回目が伊東競輪で開催される。

すでに広島競輪小倉競輪で開催されており、注目の新人レーサー達のお披露目会は最終回となる。

今回出場するルーキーたちをおさらいしていこう。

元々は7月デビューなのだが早めのデビューの機会になるぞ!

注目の男子ルーキー選手

山口拳矢

伊東温泉ルーキーシリーズ2020 山口拳矢
山口拳矢は父親がKEIRINグランプリを二度制したヤマコウの愛称でなじみ深い山口幸二(引退)。

その背中を見て育った山口拳矢選手は高校までサッカー部でアマチュアの記録もない。

だが学校成績は3位と期待できる成績を残している。

第2回小倉ルーキーシリーズは完全優勝をしており
デビュー戦から勢いづいている。

今回の伊東ルーキーシリーズもかなり期待できる選手だ。

父親の遺伝なんだろうか…
恐るべしヤマコウ遺伝子!

長田龍拳

伊東温泉ルーキーシリーズ2020 長田龍拳
長田龍拳は学校成績は1位で1着回数は29回と群を抜いている。

記録会ではゴールデンキャップは取れなかったがレース巧者であることは言うまでもない。

広島ルーキーズでは決勝では町田太我に敗れて完全優勝は出来なかった。

今回の3回では山口拳矢を目標に好レースを見せてくれるだろう。

在校1位の実力を示してくれ!

成清龍之介

伊東温泉ルーキーシリーズ2020 成清龍之介
成清貴之が父親で、実は競輪選手へは反対されていたが押し切って競輪選手となった。

高校では野球をしていたので自転車競技の経験不足とプロの厳しさから反対していたのかもしれない。

学校成績は12位とまずまずの成績。

広島ルーキーシリーズでは1着は取れなかったものの3着には入っている。

展開に合わせる脚があれば上位着順もあり得る選手だ。

いぶし銀の成清貴之の子供か…
2世選手か…感慨深いよな!

注目の女子ルーキー選手

永塚祐子

伊東温泉ルーキーシリーズ2020 永塚祐子
永塚祐子は118期のガールズ選手の中で一番選手と言っていいだろう。

学校成績も1位で群を抜いている。

記録会でもゴールデンキャップを獲得し、早期卒業候補選手の一人だった。

バスケットボールから競輪選手へとなったわけだが、自分でも思っていた以上成果だったらしい。

広島ルーキーシリーズでは完全優勝をしているので今後のガールズケイリンに新しい風が吹きそうだ。

34歳なのに圧倒的だ…!

青木美保

伊東温泉ルーキーシリーズ2020 青木美保
競輪初期の選手斎藤正夫が祖父だそうだ。齋藤正夫は4期生で競輪が始まってすぐの選手だ。

すでに引退しているが父親は青木健吾で競輪一族だった。

サマーキャンプに参加したときに走れていたようでそのまま競輪選手へ。

父親と祖父の血が騒いでいるのか…

これから注目できる選手であることは間違いない。

血ってやっぱすごいな…!
おすすめの記事