117期青野将大が一番早く特昇となった

117期で一番に特昇した青野将大

青野将大が7月31日から平塚競輪で開催されているF2多摩川電気杯で完全優勝した。

これで前回出場した川崎競輪F2と立川競輪F2に続き3回連続で完全優勝を飾った。

※5月開催の広島競輪ルーキーシリーズと6月開催の伊東競輪ルーキーシリーズは成績に含まない。

広島競輪と伊東競輪で開催されたルーキーシリーズではどちらも決勝進出はしているが、惜しくも3着で優勝は出来なかったが、正式デビューの7月からは好調だった。

また同じくデビューして一番目立っている山口拳矢を差し置いて一番乗りで特昇しているので、A級2班の本格的なレースでも活躍できるのか注目である。

町田太我や山口拳矢は次のレースで完全優勝が出来れば特昇する。

山口拳矢よりも先に特昇するとはな!他同期の選手にもいい影響になるだろうな!

青野将大のコメント

『僕が最初に特昇できたのは運が良かったと思う。

もっと強い同期はいるし、1、2班に行けば、もっとレベルも高い。喜ぶよりも気を引き締めないと…

連勝は特に意識しないけど、早く師匠(小原太樹)と同じレースを走れるように頑張りたい』

競輪好きなら師弟出走や兄弟出走なんかはかなり楽しみに出来るから、早くそうなるよう頑張って欲しいな!
おすすめの記事