【競輪速報】レジェンドエキシビションⅢの優勝選手は?

レジェンドエキシビションⅢの出場選手は?

1番車は、吉岡稔真

当時のF1ブームから「F1先行」の異名を持ち、吉岡稔真の車券だけが特に売れる「吉岡オッズ」という現象まで起こるほど当時の競輪で一強を誇った選手。

神山雄一郎吉岡稔真の二人を両横綱と称して、実際にタイトルをこの二人で取り合っていたこともある。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 吉岡稔真

2番車は、山口幸二

中部地区の顔役と呼ばれる実力者。

1998年のオールスター競輪を完全優勝を飾ったことも。

2009年はS級2班ながら、獲得賞金額上位として1班を飛び級しS級S班へ復帰する活躍。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 山口幸二

3番車は、内林久徳

近畿地区のトップレーサー。

村上義弘澤田義和といった実力はガ出てくるまでは内林久徳が希望だった。

過去、勝ちを意識しすぎてラフプレーが目立ち、競輪グランプリを3度出場できなかったこともあるが、グランプリ常連の実力者だった。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 内林久徳

4番車は、後閑信一

ボスの愛称でおなじみの後閑信一。

吉岡稔真とは同期。43歳でオールスター競輪を優勝(40歳以上で自力による決まり手は競輪史上初)

前回のKEIRINレジェンドエキシビションⅡに2年ぶりに参戦し優勝した。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 後閑信一

5番車は、市田佳寿浩

17年に大きな怪我がなければまだ引退せずにいたかもしれない。

福井の不死鳥になぞって不死鳥と呼ばれている。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 市田佳寿浩

6番車は、山田裕仁

過去、特別競輪のタイトルを獲得できず。無冠の帝王と呼ばれていた。

粘り強さは神山雄一郎吉岡稔真に勝るとも劣らないと評価されている。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 山田裕仁

7番車は、小橋正義

新鬼脚平成の鬼脚と呼ばれる。

不利な展開からの切替えも優れており、日本刀になぞらえ名刀正義と呼ばれた(日本刀の名刀正宗から)

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 小橋正義

誘導員は中野浩一

35期の三羽烏井狩吉雄松田隆文)。九州のハヤブサと称された。

日本競輪は勿論、自転車競技の世界でも活躍した。

レジェンド中のレジェンド。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 中野浩一

レジェンドエキシビションⅢのレースは?

レース並びは吉岡稔真、小橋正義、山田裕仁、山口幸二、後閑信一、市田佳寿浩、内林久徳。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ レース展開①

誘導員の中野浩一が切れてスピードが上がる。

前を取りたい吉岡稔真。それを気にする山田裕仁

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ レース展開②

先行する吉岡稔真に追走する山田裕仁と小橋正義による2番手争い。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ レース展開③

最終直線で逃げ切る吉岡稔真と何とか差そうとする小橋正義。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ レース展開④

1位ゴールしたのは吉岡稔真、2位は小橋正義、3着は市田佳寿浩。

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ レース展開⑤

さすがはレジェンド選手だ!見ごたえあるレースをありがとう!

KEIRINレジェンドエキシビションⅢを優勝は吉岡稔真!

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 胴上げされる吉岡稔真

レース後に胴上げされる吉岡稔真。

レース出走したメンバーの平均年齢は51歳。

優勝した吉岡稔真のインタビュー

KEIRINレジェンドエキシビションⅢ 優勝した吉岡稔真

今回でレジェンドレースも最後かもしれなかったので、悔いのないよう先行しようと思った。

少しでも元気を与えられたらと思っています。

レースの感想は?に対してもう辞めたい!ってのは心の叫びだな!
それでも走り切っているのが凄いところ!
おすすめの記事