【競輪速報】岸和田競輪場のバンクがヤバい!?競輪場とは思えないアートバンクに!

改修を行う前の洗礼!?岸和田競輪場のバンクの変わりよう

約30年の仕事を終え、新たに生まれ変わろうとしている岸和田競輪場

昨年19年の7月から本場開催は行われておらず、現在改修工事が進んでいる。

バンクも改修工事を伴い、選手の練習は出来ない状態。

そんな岸和田競輪場が8月29日からに姿を変えた!

上記は日本競輪選手会の大阪支部のツイッター。

岸和田競輪場のバンク写真をツイートしている。

その姿は選手たちが汗水流して戦うバンクとは打って変わってアーティスティックな状態に!

これはグラフティーアートで、壁などにペンキやスプレーを用いて行われるアートの1種。

今回BMXスケートボードの教室を開くとともに、改修するバンクにグラフティーを描きその上を走って思いで作り!

といった試みで始まった。

いろんなグラフティーアーティストが集い、思い思いのアートを描いている。

8月29日から開催し、日々アート作品が描かれている。

有名アーティストも描いており、改修前の今しか見れない岸和田競輪場の姿になっている。

※岸和田競輪場は改修中だが、場外車券販売場や屋内の施設からバンクの様子は見れるようだから、一見の余地ありだ。

今までにない取り組みだ!予定がなければ観に行っていたんだがなー
おすすめの記事