117期の山口拳矢がS級2班に特別昇班を決めた!デビューから無傷の18連勝

117期の山口拳矢がS級一番乗りを果たした!

和歌山競輪F1 WBS和歌山放送杯を完全優勝した山口拳矢

117期卒業の山口拳矢は和歌山競輪F1のWBS和歌山放送杯に出場中。

初日レースは一人旅で余裕の1着、2着の日浦崇道とは大差という結果に。

二日目は番手に同県先輩の山田裕哉を連れてワンツー決着。

最終日のA級決勝では3角から仕掛けて1着。番手の山田裕哉と藤原誠の先輩を連れてのゴールではなかったが、ほぼ単騎での捲りだった。

この優勝でデビューから18連勝を飾り3連続完全優勝となった山口拳矢は特別昇班で次からS級レースに望む。

早期卒業の寺崎浩平を除けば、117期で一番最初にS級に昇格した。

これで18連勝でS級特昇だ!やはり父親の血が強いってことなのかな?

優勝インタビューには特別ゲストが登場!

山優勝インタビューを受ける山口拳矢とインタビュアーの山口幸二①

そう、特別ゲストはヤマコウでおなじみ競輪解説実況している父親の山口幸二だ。

山口拳矢は山口幸二が会場に来るかどうかは聞いてなかったようで、インタビュアーとして登場したときは思わず吹き出して笑っていた。

山口幸二も笑って登場し嬉しさがにじみ出ていた。

冒頭でヤマコウは『どんな感じで聞いたらええんやろなぁ?』と少しぎこちない感じ。

ヤマコウ:『見てるこっちもドキドキしたけど、プレッシャーはあった?』

山口拳矢:『今日一日緊張しっぱなしで、起きてからずっと緊張しっぱなしでした』

ヤマコウ:『どう?父親がこっから現れたときは?』

山口拳矢:『他の記者の方から、最終日に(和歌山)行くかどうかずっと迷っている。と聞いてたんで、まさかインタビューされるとは思ってなかったので、びっくりしてます』

ヤマコウ:『これからどんな選手になっていきたいとかある?』

山口拳矢:『アマチュアの頃からも学校でも色々あって、いろんな人に迷惑をかけてきたんで、これからどんどん強くなって、今までお世話になった方々やこれからお世話になる方々に恩返しできるように頑張りたいと思います』

ヤマコウ:『まず父親に会ったわけですが、誰に(気持ち)伝えたいですか?』

山口拳矢:『僕は大学も行ってたんですけど、途中でやめて、そんな僕をずっと支えてくれた母親に感謝したいです』

ヤマコウ:『こういう息子ですが、みなさん(笑)、応援してあげてください。そして拳矢も応援して下さるファンの方に一言お願いします』

山口拳矢:『3日間熱い声援ありがとうございました。これからS級の舞台に立って色々と壁にぶつかると思いますが、一つ一つのレースが成長の糧だと思って、最終的にはSSになって活躍したい選手になりたいと思っておりますので、どうかこれからも応援よろしくお願いします』

ヤマコウ:『おめでとう!G1勝って車買って!』

と言ってインタビューは終了した。

退場の際にヤマコウは『こんな大事場に父親がしゃしゃり出てすいませんでしたー』とインタビューを締めくくった。

ヤマコウもパパ感あるなー!照れくさそうな感じがにじみ出てたな!

山口拳矢の優勝インタビューの様子

山優勝インタビューを受ける山口拳矢とインタビュアーの山口幸二② 山優勝インタビューを受ける山口拳矢とインタビュアーの山口幸二③ 山優勝インタビューを受ける山口拳矢とインタビュアーの山口幸二④  山優勝インタビューを受ける山口拳矢とインタビュアーの山口幸二⑤

競輪ファンとしては親子の掛け合いというか、少しにやけてしまうな!
次からS級レースに参加するが山口拳矢の活躍に注目しよう!
おすすめの記事