【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「田中千尋」のプロフィールから個人情報まで

 

氏名(カタカナ) 田中千尋(タナカ チヒロ)
ニックネーム ちー
生年月日 1998年03月06日
出身地 愛知県
ホームバンク 豊橋競輪場
血液型 B型
身長 165.5㎝
体重 63.7㎏
太もも
モットー 果報は寝て待て
好きな食べ物
嫌いな食べ物 なし
好きな男性のタイプ
師匠 山田二三補(ヤマダ フミオ)
練習仲間 山田二三補中嶋里美佐々木恵理

豊橋ガールズの一人だ!まだまだ勝てないレースが多いが成長が期待できる選手だ!

【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「田中千尋」のデビューレース&初勝利レース

1,田中千尋のデビューレース

2018年7月17日高知競輪F1第37回日刊スポーツ杯争奪戦7Rガールズ予選1でデビュー。

2場所連続で決勝に乗っている田中まい、前場所の高松F1で優勝を飾っている絶好調石井貴子が中心か。

田中千尋は最後方からの発進となったが、前に出ることはできずそのまま終始7着に沈んだ。

デビュー戦ではあったが、積極的に仕掛けて欲しいレースではあった。次レースでは仕掛けて欲しいところだ。

まずは様子見に徹するのもアリだと思う!
でも車券を背負っている以上もう少し前姿勢でもよかったんじゃないかな?

2,田中千尋の初勝利レース

デビューから1年経った2019年11月10日青森競輪F2トラスト配送カップ最終日5Rガールズ一般で初勝利を挙げている。

初日は位置取りに失敗し7着。2日目は前団と離れてしまい6着に沈んでいた。

迎えた最終日、競争得点が唯一50点代の橋本佳耶が中心か。捲る橋本佳耶の番手からゴール直前で伸びて1着。3連単オッズ300倍を超える大荒れの展開の立役者に。

橋本佳耶がに逃げ切る流れだったが、見事差し切ったな!

「田中千尋」選手のデビュー前の話

【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「田中千尋」の競輪学校時代から幼少期まで、プライベートも含めたマル秘エピソード

1,「田中千尋」の競輪学校時代のマル秘エピソード

競争訓練では1着0回、2着3回、3着4回、着外42回で18位といういい成績ではなかった。

卒業記念レースでも5着、7着、7着、4着と入着できずに終わっている。

自転車競技を趣味から始めているため、まだまだ伸び代はあるだろう。今後の成長に期待だ。

趣味ベースで自転車競技をやっていた分多少は成長してくれると期待したいな!

2,「田中千尋」の幼少期の可愛い話

中学時代は剣道をしていた。父がロードバイクに乗っていたをきっかけに自転車に興味を持つようになった。

その後ガールズケイリンを目指すよう。

実力に伴い賞金が高いことにも魅力を感じた。プロスポーツをしていく上で金銭面もモチベーションの1つだろう。

趣味から職業に出来るのが競輪の良いところだよな!

3,「田中千尋」のプライベートを赤裸々告白

休日は家でのんびりしていることが多いインドア派。

自分を動物に例えるとナマケモノだそうで、オンオフの切り替えがしっかりできるようになれれば選手としても成長できるだろう。

豊橋のガールズ選手達と仲が良いという。競輪場でもお互い切磋琢磨しながら日々鍛錬しているのだろう。

好きな色は黒色だが、好きな車番は1番。内枠の方が前を取りやすいという理由からだそうだ。

まだデビューから1年も経っていないし、これからしっかり成長できるのか期待だな!
おすすめの記事