デビューから20日ほど経った7月26日松戸競輪F2サッポロビールスターカップ最終日5RのA級戦で初勝利を挙げている。初日は6着。2日目は4着と厳しいレースになっていた。迎えた最終日、松尾智佳と競争得点が50点代同士の一騎討ちと予想されていたことだろう。門脇真由美が初勝利できる可能性は十分あった。結果は松尾智佳の追撃から逃げ切り1着。

 

氏名(カタカナ) 門脇真由美(カドワキ マユミ)
ニックネーム かどポン
生年月日 1972年09月21日
出身地 宮城県
ホームバンク 関西サイクルスポーツセンター
血液型 A型
身長 167.2㎝
体重 60.0㎏
太もも 58.4cm
モットー 日々精進
好きな食べ物 韓国のり
嫌いな食べ物 漬物
好きな男性のタイプ
師匠
練習仲間 飯塚朋子向井円

アマチュアの自転車競技における女王級の選手だ!

【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「門脇真由美」のデビューレース&初勝利レース

1,門脇真由美のデビューレース

ガールズケイリン復活年の2012年7月6日京王閣競輪F2初日6RのA級戦でデビュー。

既に引退している伊木雪乃重光啓代松井明子(当時は尾上明子)と懐かしいメンバーも出走していた。競輪学校を3位で卒業した中川諒子が中心と予想されていただろう。

結果は人気通り中川諒子が逃げ切り1着。門脇真由美は次いで2位と良い滑り出しを切った。

それでも何とか2着に差し込む力は凄いな!

2,門脇真由美の初勝利レース

デビューから20日ほど経った7月26日松戸競輪F2サッポロビールスターカップ最終日5RのA級戦で初勝利を挙げている。

初日は6着。2日目は4着と厳しいレースになっていた。迎えた最終日、松尾智佳と競争得点が50点代同士の一騎討ちと予想されていたことだろう。

門脇真由美が初勝利できる可能性は十分あった。結果は松尾智佳の追撃から逃げ切り1着。

松尾智佳との一騎打ちを見後と精して初勝利だ!

「門脇真由美」選手のデビュー前の話

【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「門脇真由美」の競輪学校時代から幼少期まで、プライベートも含めたマル秘エピソード

1,「門脇真由美」の競輪学校時代のマル秘エピソード

競争訓練では1着22回5位となかなかよい成績。しかし卒業記念レースでは不発に終わっており悔しみ思いをしたことだろう。

元々自転車競技をしていたため周囲の期待は高かっただけに残念な結果に。選手になってからの活躍に期待だ。皆勤賞を受賞している。

10年ぶりの戦線復帰だがかなり好成績だったようだな!

2,「門脇真由美」の幼少期の可愛い話

中学時代は剣道をしていた。高校から自転車競技を始めている。

全日本アマチュア選手権では1位。アジア選手権では4位と自転車競技界で名を馳せていた。その後28歳の時に選手活動をやめるが10年後に女子ケイリン(ガールズケイリン)の再開の報を聞きまわり含め誘われていたが当初は拒否していた。

説得に折れた門脇真由美は受験しガールズケイリン1期生として競輪学校へ入学する。

1度選手を辞めているためブランクは多少なりともあるだろうが大いにガールズケイリンを盛り上げてくれることだろう。

10年ぶりの実戦でかなり迷いもあっただろうな!

3,「門脇真由美」のプライベートを赤裸々告白

ニックネームは名前のかどわきから、かどポンと呼ばれている。可愛らしい呼び方だ。

趣味は読書とインテリアな一面も。自分を動物に例えると猫と答えている。

どのような一面からそう答えたのか教えてほしい。好きな食べ物は韓国のりで嫌いな食べ物は漬物。

連勝ストッパーの異名を持ち、12年に8連勝中の中村由香里を破り優勝する。

13年には15連勝中の加瀬加奈子を破り優勝。この時の優勝はガールズケイリン史上最年長選手の優勝記録となっている。

また13年にはデビュー12連勝中の石井寛子を破ってもいる。

いや、アマチュアの実力者は競輪でも凄かったわけだ
おすすめの記事