【知って得する競輪場の特徴】奈良競輪場の勝率や決まり手まで

奈良競輪場は1950年に開設された。施設所有は奈良県で正式名称は奈良県営競輪場

1984年から開設記念競輪のG3春日賞争覇戦が開催されている。

2006年には西王座戦が開催された。2010年には共同通信社杯秋本番が開催されている。

基本入場料は無料となっている。特別閲覧席(飛天交流館)には入場料1000円がかかる。

競輪史上最高額の470万の配当が付いたのは奈良競輪場である。

奈良競輪場のバンク情報

【知って得する競輪場の特徴】奈良競輪場のバンク情報

競輪場名 奈良競輪場
住所 奈良県奈良市秋篠町98
1周距離 333m
見なし直線距離 38.0m
センター部路面傾斜 33°25′47″
直線部路面傾斜 4°51′48″
ホーム幅員 10.8m
バック幅員 7.8m
センター幅員 7.8m
最高上がりタイム 9秒 平石光弘 1992/05/2
過去高配当 2006年 3連単:4,760,700円

アクセス:近畿日本鉄道「平城駅」から徒歩約5分。
近畿日本鉄道「大和西大寺駅」から無料送迎バスで約5分。

アクセスしやすいので遠征もしやすいぞ!

奈良競輪場の気になる勝率や特徴

1,奈良競輪場の気になる決まり手

1着決まり手グラフ
逃げ
35%
捲り
36%
差し
29%
2着決まり手グラフ
逃げ
18%
捲り
14%
差し
21%
マーク
47%

逃げ・捲りが決まりやすくライン決着が多いバンクだ!

2,奈良競輪場の所属選手

S級1班は、三谷 将太(92期)、中井 太祐(97期)、三谷 竜生(101期)。
S級2班は、佐藤 成人(71期)、三谷 政史(93期)、伊代野 貴照(101期)、中井 俊亮(103期)、栗山 俊介(103期)、元砂 勇雪(103期)。

L級1班は、元砂 七夕美(108期)、島田 優里(108期)、日野 未来(114期)、島田伸二香(116期)。

三谷兄弟と元砂兄弟たちの活動拠点だ!

3,奈良競輪場のクセや特徴

1周333m。
サンサンバンクで距離が短い。
カントが33度とキツイ。

距離が短いのでスピード展開になりやすくい。

直線も400バンクに比べてかなり短いので最終直線付近では最後のもがき合いになる。

基本的に逃げが有利で終始逃げ切りで押し切りを狙う選手も多い。

捲り位置も合わせないとカントがきつい分外に浮きやすいので早めに捲っておく必要がある・

4,奈良競輪マスコットやイメージキャラクター

【知って得する競輪場の特徴】奈良競輪場のマスコットやイメージキャラクター「飛天ちゃん」

奈良競輪のマスコットキャラクターは飛天ちゃん

2002年に生まれたマスコットで天女をイメージしている。

プロフィールは、奈良県在住。

仕事は、奈良競輪のイベントや優勝選手の表彰式。

自己PRは、明るい女の子、声をかけると手を振って反応するから声をかけてほしい。

Twitterで奈良競輪の情報を発信している。
「~~やで」が語尾に付く。

地元奈良TVのCMに出演している。

選手の誕生日や縁起にいいものを発見したツイートをしているぞ!

奈良競輪場のまとめ

基本的に逃げ切りやすいバンクで、トップクラスに逃げが決まる。

過去、史上最高額の配当も出ているのもあり、高配当が期待される競輪場でもある。

一部施設は1965年に完成した施設をそのまま使っているので、耐震検査で倒壊する危険性が指摘されており、中央スタンドと東再度スタンドは現在立ち入り禁止とされている。

また具体的な対策や改修案が決まってなく、近年中に改修工事になる目途も立っていない。

投票締め切り予約の曲は、女優の小泉今日子の「ヤマトナデシコ七変化」のメロディになっている。

施設は古いがまだまだ現役で思っている以上に広い!
サンサンバンクは近畿で奈良競輪だけだからスピード展開のレースが見たいなら、是非観に行くといいぞ!
おすすめの記事