【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「比嘉真梨代」のプロフィールから個人情報まで

 

氏名(カタカナ) 比嘉真梨代(ヒガ マリヨ)
ニックネーム ジェシカ
生年月日 1988年10月13日
出身地 沖縄県
ホームバンク 沖縄県総合運動公園自転車競技場
血液型 O型
身長 168.0㎝
体重 62.0㎏
太もも 59.0㎝
モットー 感謝の心が人を育て、感謝の心が自分を磨く
好きな食べ物 チョコレート、カニ
嫌いな食べ物 セロリ
好きな男性のタイプ
師匠
練習仲間 岡田雅之米原大輔仲松勝太照屋将貴

沖縄のパワフルガールだ!沖縄県の女子からは期待の星にだぞ!

【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「比嘉真梨代」のデビューレース&初勝利レース

1,比嘉真梨代のデビューレース

2018年7月11日防府競輪F2日本写真判定杯6Rガールズ予選1でデビュー。2場所連続で決勝に残っている加藤恵やベテラン増茂るるこなど難しいレースではあった。

逃げる加藤恵を外から捲る太田美穂の番手につけるが勝負を仕掛けられず4着。不完全燃焼に終わったデビュー戦だった。

加藤恵の調子が良かっただけに、うまく勝負仕掛けられなかったな!

2,比嘉真梨代の初勝利レース

デビューから3ヶ月経った2018年10月11日別府競輪F1第19回オランダ王国友好杯5Rガールズ一般で初勝利をあげている。

初日は豊岡英子との踏み合いで競り負け後退し6着。2日目は逃げる児玉碧衣に付いて行けず離れた。独走する児玉碧衣につづいて2番手につけていたが直線で脚が残っておらず4着。

迎えた最終日、3番手の比嘉真梨代は残り1周時点で、前に躍り出た明珍洋子の後ろにつくと思い気やそのまま抜き去り、ついてきた梅田夕貴と一騎打ちとなり、最後はギリギリだったが比嘉真梨代が逃げ切り勝利することができた。

いまだに初優勝をしていないのが残念な選手だな!

「比嘉真梨代」選手のデビュー前の話

【ガールズ名鑑♀】美人かわいい競輪選手「比嘉真梨代」の競輪学校時代から幼少期まで、プライベートも含めたマル秘エピソード

1,「比嘉真梨代」の競輪学校時代のマル秘エピソード

着外31回と連対率があまり良くなく7位で卒業。卒業記念レースも結果を残せずに終わってしまった。
元々陸上競技をしていたため、体力には自信があったようだったが、自転車での長距離や走り込みは勝手が違うので苦労していた。
また座学系は落第の可能性もあったようで、「一つ一つのハードルが大変だった」と語っている。

沖縄県勢で初のガールズケイリン選手ということで話題になった。
目指す競輪選手は、佐藤慎太郎のようなダッシュ力があって面白くて強い選手になりたいとそうだ。

本人は案外簡単に卒業できる!なんて軽く考えていたみたいで苦労したようだぞ!

2,「比嘉真梨代」の幼少期の可愛い話

高校時代は陸上競技の走り幅跳びの選手として活躍していた。インターハイの南九州大会で優勝するなど脚力には自信があったのだろう。

シェイプアップ目的でジムに通いパワーマックスでトレーニングをしていた。その当時、通い先のジムに競輪選手がパワーマックスを使用していた。その繋がりで競輪を知ったそうだ。
トレーニングも、走れば走るだけ数値が上がっていくのが楽しみでもあった、そこで「自分も競輪へ挑戦してみようかな?」と考え始めた。

趣味で始めたジムのエアロバイクに楽しさを覚え自転車競技をはじめた比嘉真梨代

沖縄に競輪場はないけど、競輪選手は意外と多いぞ!

3,「比嘉真梨代」のプライベートを赤裸々告白

美人レーサー・オールドルーキー・沖縄出身とデビュー前から注目度が高かった比嘉真梨代。

遠征のお守りは「シーサー」を持ち歩いているようだ。『沖縄のスーパーマリヨ』と呼んで欲しいとインタビューに答えていた。
スーパーマリオにかけているんだろうか?

プライベートなことがとても気になることが多いがインタビューなどではあまり競輪以外については語らない。その謎めいたところもファンが多い要因なのだろう。

沖縄初のガールズケイリン選手として、これからの活躍に注目だ。

沖縄の方言で「チバリヨー」って応援するといいぞ!頑張れって意味だ!
おすすめの記事